令和3年10月26日 新型コロナウイルスワクチン接種について

更新日:2021年10月26日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和3年10月26日(火曜日) 午前11時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:12人

会見要旨

 新型コロナワクチン接種についてお知らせします。
 松山市では、12歳以上の全ての世代の接種予約を受け付けています。接種状況は、1回目の接種を終えた方と1回目の予約をされている方を合わせた推計で、10月21日(木曜日)時点で83.7%の方が接種を受けられる見込みです。松山市医師会をはじめ、市内の医療機関のご協力で順調に接種が進み、関係者の皆さんに心から感謝を申し上げます。
 現在、市民の皆さんに国が目指す11月のできるだけ早い時期に、希望者へ接種が完了できるよう、ファイザー社ワクチンの個別接種では10月27日(水曜日)、武田/モデルナ社ワクチンの集団接種では今月末の10月30日(土曜日)、31日(日曜日)まで予約を受け付けています。接種を希望される方は早めの予約をお願いします。
 また11月以降は、毎月満12歳になる方への接種のほか、療養などで今まで接種ができなかった方や妊娠中の方など希望する未接種者への接種を継続します。接種体制は、12歳の児童が保護者同伴で接種を受けやすい土曜日または日曜日に、松山市医師会館とアイテムえひめに接種会場を設け、ワクチンの余剰が出ないよう有効に活用しながら接種を実施します。
 予約の受け付けは11月1日(月曜日)から、予約方法はコールセンターや予約システムなどこれまでと同じです。引き続き1人でも多く、できるだけ早く、何より安全に安心して接種いただけるよう努めていきます。接種された方は、ある程度の抗体ができ予防効果が十分に出るには、2回目の接種後1週間から2週間かかるとされています。必ず2回の接種を受けていただき、ワクチン接種後も基本的な感染防止対策をお願いします。
 愛媛県の警戒レベルは、感染縮小期に移行しました。市民の皆さんや事業者の皆さんには、さまざまな感染拡大防止にご協力いただき感謝しています。市内の感染状況は落ち着いてはいるものの、散発的な感染確認が続いており、感染リスクがゼロになったわけではありません。
 昨日の検査では、松山市立の学校関係者1名の陽性が確認されており、当該校は本日臨時休業しています。松山市保健所の調査で安全が確認され次第、再開する予定です。
 これまでと同様にマスクを正しく着用し、小まめな手洗い、定期的な換気など基本的な感染防止対策を徹底するようお願いします。少しでも体調が悪い場合は、仕事や学校を休み医療機関を受診してください。また県外との往来は、特に感染が増加傾向にある地域への訪問は十分に注意をお願いします。会食は、感染リスクの高い行動のない人と大人数、長時間を避け、感染対策が徹底されている店で少しでも体調不良があれば出席しない、させない、席の間隔を十分空けて、大声を出さない、羽目を外さない、自宅での会食も同じように注意してください。飲食店の不特定多数を集めた催しには参加しないようお願いします。活動的な若い世代の皆さんは密にならないよう感染回避を徹底し、慎重に行動してください。今月はハロウィンもあります。会食や趣味の集まりなどでは感染対策をし、参加者の連絡先を把握するようお願いします。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで