令和2年10月16日 新型コロナウイルス感染の確認について (松山市18事例目)

更新日:2020年10月16日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和2年10月16日(金曜日) 午後5時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:9人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202010/honbu20201016.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染の確認について

会見要旨

 それでは、新型コロナウイルス感染症の確認についてお知らせします。
 昨日10月15日(木曜日)、1名の陽性が確認されました。感染された方は、30代女性無職の方です。本市18例目で、感染者は84人になりました。感染された方にお見舞い申し上げます。また1日も早い回復をお祈り申し上げます。感染された方には、プライバシーに配慮して感染の事実を公表することにご理解をいただき、本日公表しています。

 この方は、10月9日(金曜日)から咳と頭痛などの症状があり、翌日10日(土曜日)に発熱や倦怠感も現れたため、医療機関を受診されました。10月11日(日曜日)には嗅覚障害が現れ、発熱などの症状が続いており、14日(水曜日)に、10日(土曜日)に受診した医療機関に相談し、医師の判断で昨日15日(木曜日)松山市地域検査センターで検体を採取し、夕方6時頃PCR検査で陽性が確認されました。現時点で咳と倦怠感は続いているものの、発熱もなく軽症で、本日指定医療機関に入院されました。発症前の2週間に海外や県外へは行かれていません。また感染させる可能性がある発症から2日前の10月7日(水曜日)以降は、医療機関の受診と生活に必要な買い物に行かれたのみで、外出時は常にマスクを着用していたと聞いています。
 現時点で濃厚接触者として同居のご家族2名を確認しており、自宅待機と健康観察をお願いしています。既に両名の検査に着手しており、先ほど1名の陰性が確認されました。もう1名の結果は本日中に判明する予定です。

 これまでも伝えてきましたが、新型コロナウイルスはいつ、誰が感染してもおかしくありません。感染された方やそのご家族、最前線で感染者の治療をされている医療従事者の皆さんに、差別や偏見を持っても感染防止にはなりません。大切なのは市内で感染を拡大させないこと、家族や友人をウイルスから守ることです。心無い誹謗中傷は絶対にしないでください。

 行楽の秋を迎え、東京発着の旅行が「GoToトラベル」の対象になるなど人の移動が活発になると考えます。市民の皆さんには、今後もマスクの着用やこまめな手洗いなど、基本的な感染予防策の徹底をお願いします。高齢者などリスクが高い家族がいるご家庭は、特にご注意ください。また大都市から松山に帰られた際には、「もしかしたら感染しているかもしれない」と意識し、潜伏期間を考慮して、2週間程度は普段以上に体調の変化に気をつけていただき、もし症状が現れたらためらわず相談センターなどにご連絡ください。
 そして引き続き気を緩めず、一つ目、うつらないよう自己防衛をお願いします。二つ目、うつさないように周りに配慮をお願いします。三つ目、密閉、密集、密接の3密回避の習慣化をお願いします。
 説明は以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで