令和2年5月26日 濃厚接触者などの新型コロナウイルス感染の検査結果(陰性)について (松山市10事例目関係)

更新日:2020年5月26日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和2年5月26日(火曜日) 午後1時30分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:13人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202005/honbu20200526.html)

議題

  • 濃厚接触者などの新型コロナウイルス感染の検査結果(陰性)について

会見要旨

 昨日5月25日(月曜日)のPCR検査の結果についてお知らせします。
 集団感染が発生した医療機関の職員で、自宅待機中に症状が現れた方や健康観察期間の終了に合わせて、これまでに陰性が確認されていた17名と残り8名の濃厚接触者のうち6名、合計23名のPCR検査を実施し、全て陰性と確認されました。
 これまでの検査結果では、医療機関の職員は陽性が10名、陰性が128名、入院患者などは陽性が19名、陰性が147名、濃厚接触者は陽性が2名、陰性が54名となりました。また、高齢者施設では入居者から陽性が1名、全職員37名など84名が陰性です。今後も愛媛県と連携し、積極的に疫学調査や健康観察などで感染状況の把握に努め、適切に対応していきます。

 愛媛県や松山市では、感染された方にプライバシーに配慮して感染の事実を公表することにご理解をいただき、感染状況などを公表しています。また、松山市保健所の新型コロナウイルス感染症対策チームは、陽性が確認され少なからず動揺されている方に今後の入院治療の説明をさせていただいたり、2週間や3週間前の行動履歴を聞き取らせていただいています。検査スケジュールの関係から陽性が確定するのは夜間になることが多く、保健所長をはじめ保健師や保健所職員は、まさに身を粉にして働いています。
 そうした中、プライバシーに関わる情報や事実を確認することなく本市保健所の対応を批判するかのような発信がインターネット上でありました。大変残念でなりません。今後も本市では愛媛県と連携し、感染拡大の防止に全力で取り組んでまいります。

 市民の皆さんには、誤った情報に流されることなく冷静にご判断いただき、行動いただきたいと思います。市民の皆さんには引き続き気を緩めることなく、特に感染の拡大を回避する行動で、

 一つ目、うつらないよう自己防衛をお願いします。
 二つ目、うつさないように周りに配慮をお願いします。
 三つ目、県外の移動自粛と3密回避をお願いします。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで