令和2年5月17日 新型コロナウイルス感染の確認について (松山市10事例目関係)

更新日:2020年5月17日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和2年5月17日(日曜日) 午後5時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:11人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202005/honbu20200517.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染の確認について

会見要旨

 それでは、新型コロナウイルス感染症の確認についてお知らせします。
 5月13日(水曜日)にお知らせした本市10例目の事案で、新たに1名の陽性が確認されました。本市での感染者は52人になりました。感染された方にお見舞い申し上げます。また、1日も早い回復をお祈り申し上げます。そして、調査や検査をはじめ、医療の最前線で対応いただいている皆さんに心から敬意と感謝を申し上げます。
 一方で、精神障害者の方が通っておられる事業所に、誹謗や中傷の張り紙がされていたと報道がありました。立場の弱い方への誹謗中傷は差別行為です。断じて許すことはできません。市民の皆さんにお願いします。未知のウイルスに対する恐怖から、不安に思われているのは皆さん同じです。いつも以上に周りの人を思いやる気持ちを意識し、新型コロナウイルスの感染拡大の防止にご協力をお願いします。
 これまでと同様、感染された方にはプライバシーに配慮して感染の事実を公表することにご理解をいただき、本日公表します。

 昨日16日(土曜日)に、当該医療機関全体の感染状況を把握するため、職員92名のPCR検査を実施し、3階の病棟で勤務する50代女性、介護職員1名の陽性と、91名の陰性が判明しました。この方は5月14日(木曜日)から、軽い咳の症状があったものの発熱はなく、昨日16日(土曜日)まで勤務されていました。本日既に、感染症指定医療機関に入院されています。現在は症状がないと聞いています。ご本人はこの2週間、海外や県外へは行かれていません。また、勤務時はマスクとゴム手袋を着用し、自家用車での通勤と必要最小限の買い物以外はほとんど外出していません。現時点では、同居のご家族1名を濃厚接触者として把握しており、自宅待機と健康観察をお願いしています。
 先ほど知事の会見で速報がありましたとおり、本日午後3時に職員1名と入院患者21名の陰性が判明しました。資料は16日検査分で反映していませんが、今回の事例では、これまでに職員138人、入院患者53人、濃厚接触者31人の合わせて222名の検査を実施し、陽性が22名、陰性が200名という状況です。陽性者の内訳は職員10名、入院患者11名、家族などの濃厚接触者1名です。本日以降、残りの入院患者全員のPCR検査を早急に実施して医療機関全体の感染状況を完全に把握し、新型コロナウイルスの封じ込めに万全を期したいと考えています。

 市民の皆さんには感染拡大の防止にご協力いただいている中、重ねてお願いします。引き続き気を緩めることなく、特に、感染の拡大を回避する行動で、

 一つ目、うつらないよう自己防衛をお願いします。こまめな手洗いや定期的な換気などに心掛けてください。また、十分な栄養と休養で健康管理することも重要です。

 二つ目、うつさないように周りに配慮をお願いします。自らが感染しているかもしれないという意識を持ち、咳エチケットを徹底するほか、会話では一定の距離を保つなど、配慮をしてください。体調が悪い時は自宅で安静に過ごしてください。

 三つ目、県外の移動自粛と3密回避をお願いします。感染拡大地域をはじめ、帰省、旅行、出張など都道府県をまたいだ移動は避けてください。接客を伴う飲食店などは特に注意が必要です。密閉、密集、密接の「三つの密」のある場への外出は控えるほか、買い物に出掛ける際は人数を最小限に絞り、混雑時を避けてください。

 感染拡大の防止にご協力いただきますようお願いします。説明は以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで