「訂正申請」制度の廃止

更新日:2014年3月20日

有効なパスポートをお持ちで、パスポートに記載されている氏名や本籍の都道府県名が変更になった場合、「追記ページ」に変更事項を記載する「訂正申請」の制度が、平成26年3月19日の受付をもって廃止され、元のパスポートの有効期限を引き継いで新たな旅券を発行する「記載事項変更旅券」制度が、平成26年3月20日から導入されました

これは、これまでの「訂正申請」では、写真が掲載されたページやICチップに記録されたデータの変更は行われないため、出入国審査の際に、順番を後回しにされたり、質問を受け、ご自身での説明がうまくできず時間がかかる(30分程度)などのトラブルが生じていたことや、2015年11月25日以降、「訂正申請」後のパスポート(訂正旅券)が、国際規格を満たしていないと疑われる可能性や、出入国審査以外、例えば飛行機やホテルのチェックインなど、ご旅行自体の手続きにも支障がでる可能性が高くなることが予想されているためです。

有効なパスポートをお持ちで、これから氏名・本籍を変更する予定のある方や、有効な訂正旅券をお持ちの方は、下記をよくご確認ください。

参考情報

松山市ホームページでご紹介している内容です。

外務省の公式ホームページ内のお知らせページです。
Q&Aのページへのリンクもありますので、ご一読ください。

お問い合わせ

松山市パスポートセンター

〒790-0065 松山市宮西一丁目5番10号 フジグラン松山別棟2階

電話:089-926-3330

E-mail:passport@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで