このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

12月はふぐ中毒防止月間です

更新日:2019年12月1日

 ふぐは冬場が最も旬であると言われますが、近年でも、ふぐ中毒事故が依然として後を絶たない状況にあります。
 松山市ではふぐを食べる機会が増える12月を「ふぐ中毒防止月間」と定め、ふぐ取扱者及び一般消費者に対しふぐ毒の知識の普及を図るとともに、ふぐを取扱う営業施設の監視又は指導を強化して、ふぐ中毒の発生防止に努めています。

ふぐの取り扱い

ふぐ毒とは

 ふぐ毒はテトロドトキシンと呼ばれ、青酸カリの約1000倍の毒力があり、通常の加熱調理では分解されません。有毒部分を食べてしまうと、20分〜3時間でしびれやおう吐などの中毒症状を起し、最悪の場合は呼吸困難により死に至ります。(ふぐ毒に有効な解毒剤はありません。)

ふぐをさばくには

 ふぐをさばくには、「ふぐ取扱者(愛媛県ふぐ取扱者条例による)」の資格が必要です。無免許の方は、ふぐの有毒部位を除去する行為をしてはいけません。

事業者の皆様へ

  1. 原料ふぐの選別を厳重に行い、特に、ドクサバフグ等魚体すべてが有毒なふぐ及び種類不明ふぐを確実に排除しする。
  2. 凍結したふぐを使用する場合は、急速凍結法により凍結したものを用い、解凍は有毒部位の毒が筋肉部に移行することのないよう流水等を用いて迅速に行い、解凍後は直ちに処理に供することとし、再凍結は行わない。
  3. ふぐの有毒部分を完全に除去し、清水で洗った後でなければふぐを食品として提供しない。
  4. 除去した内臓等は、すべて専用の廃棄物容器に収納し、人畜に対して危害の発生が無いよう適切に処分する。
  5. ふぐの調理に使用した器具、容器包装は、十分洗浄した後でなければ、他の調理に使用しない。
  6. ふぐ取扱所届出証を店内の見やすい場所に掲示する。
  7. 無免許者は、ふぐの有毒部分を除去する行為をしない。
  8. 一般消費者に未処理のふぐを販売しない。
  9. ふぐ加工品及びみがきふぐにあっては、原料ふぐの種類、加工(処理)業者の氏名・住所及び加工(処理)年月日等を適切に表示する。
  10. ナシフグは、販売等が認められていない(有明海、橘湾、香川県及び岡山県の瀬戸内海域で漁獲されたものを除く。)ので、取扱わない。
  11. 豆アジをはじめとした小魚類を一般消費者へ販売する際 及びパック詰めする際には、複数人が十分に目視等で確認し、確実にフグ等の有毒魚を排除する。

消費者の皆様へ

  1. ふぐは、種類によって食べられる部位が異なります。専門の知識がないと、ふぐの鑑別は難しく、また、ふぐの処理についても高度な知識と技術が必要です。家庭での素人調理は絶対にしないでください。また、釣ったふぐを人にゆずるのもやめてください。
  2. 愛媛県内でふぐをさばいて、有毒部位を除去するには「ふぐ取扱者」の資格が必要となっています。資格がない人が処理をしたふぐは非常に危険ですので、釣ったふぐの調理は、資格のある方にお願いしてください。

参考

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。安全なフグを提供しよう(厚生労働省ホームページ)

平成29年10月1日から、ふぐ取扱所の届出制度が始まりました

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活衛生課 食品衛生担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所1階
電話:089-911-1808 FAX:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.