このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

里島体験滞在型交流施設新築工事

更新日:2018年4月25日

由良小学校跡地に「愛ランド里島構想」を具現化する重要施設のひとつとして、
島外の人が家庭菜園や地元の方との交流を楽しみながら興居島での移住生活
を体験できる滞在型交流施設を整備しました。
海と山に囲まれたこの施設では、島ならではの自然を存分に感じることができ、
島暮らしをより豊かにしてくれます。

外観は黒と白を基調とし、平屋建てにすることで景観を損なわない落ち着いた
雰囲気の施設となっています。

ハイムインゼルとは、ドイツ語で「島の家」という意味
で一般の公募により決まりました。
「ハイムインゼルごごしま」は、全て木造の平屋建てで、
住居棟(A・B各4棟)、交流棟、倉庫棟を配置しています。
また、共同農園、広場など入居者が利用できるスペース
があります。

住居棟

各住戸の敷地には家庭菜園のできる畑があり、いつでも農業体験ができる環境です。

住戸の間取りはA、Bの2タイプあり、ともに1LDK(62.1平方メートル)の間取りです。
(上の写真はA棟)

内部の仕上げ、色もA棟、B棟で変化をつけ、住む人の好みで選択できるようになって
います。(上の写真はB棟)

玄関を入ると「通り土間」があり、畑に直接出ることができます。また「通り土間」では、
地元の方との会話を楽しむことができ、ちょっとした作業もできるようになっています。
また、各住戸にはロフトを備えています。

交流棟

交流棟は、「ハイムインゼルごごしま」の入居者はもちろん、地元の方たちとの交流
スペースを備えています。
屋外にはウッドデッキがあり、交流室、和室から出入りができます。
内部は白色を基調とし、梁を見せるなど温かみのある空間になっています。

工事概要
所在地 松山市由良町873番地1
主要用途

里島体験滞在型交流施設

工期

平成28年8月〜平成29年2月

住居棟(A・B各4棟)
交流棟
倉庫棟

木造平屋建、延床面積62.10平方メートル
木造平屋建、延床面積98.55平方メートル
木造平屋建、延床面積43.89平方メートル

お問い合わせ

公共建築課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館9階
電話:089-948-6786
E-mail:kenchiku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.