このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 住宅・建物・土地 の中の 公共の建物 の中の 松山市総合コミュニティセンター 空調設備更新工事 のページです。

本文ここから

松山市総合コミュニティセンター 空調設備更新工事

更新日:2018年4月25日

全景

新築してから約30年経過し、老朽化した空調システムをリニューアルしました。
今まで以上に快適な空間を皆さんにお届けします。

改修後の屋上の様子

リニューアル後の屋上の様子です。
ずらりと並んでいるのはモジュールチラーといい、エアコンの室外機と同じような機能を持っています。
一台あたりのエアコンの能力は家庭用のおよそ70倍です。
今回の工事ではこれを15台設置しました。快適な空間を素早く、力強く作り出します。

改修後地下の様子

改修後地下の様子

改修後地下の様子

改修後地下の様子

皆さんが普段立ち入ることができない、地下2階の様子です。
ここには、空調に関係する配管や、配管の中の冷水や温水を送り出すポンプが設置されています。
これらの機器、配管なども老朽化していたため、今回の工事でリニューアルしました。
壁の黒い部分は音を吸収する素材で、機械の運転音が外に漏れないようにするためのものです。

施工前のシステム図

施工後のシステム図

さて、ここで今回の工事について説明します。
リニューアル前は、冷房用にはターボ冷凍機、暖房用にはガスボイラを使用する仕組みで、それぞれに機械が必要でした。特に冷房用のターボ冷凍機にはクーリングタワーという、機械を冷却するための巨大な装置がなくてはなりません。このように、さまざまな種類の大きな機械が必要で、スペースも多く必要でした。
そこで今回の工事では、「モジュール型空冷ヒートポンプチラー」という最新の空調機器を採用することで、図のようにシステムを簡略化しました。。空調の負荷に応じて、複数台設置したモジュールチラーの運転台数を変更できるため、大きな機械を無駄に動かすことがなくなります。
これにより従来と比べ大幅な省エネルギーを実現しています。

搬出の様子

搬出の様子

搬出の様子

搬出の様子

工事は、すでにある機械の撤去から始まります。
大きな機械のため、地下2階で可能な限り小さく分解して搬出しました。
分解できない大きな機械は、スロープにレールを敷いて運び出しました。
搬出工事は大型クレーンの設置や、ダンプトラックが頻繁に施設に出入りするため、皆さんの安全を配慮し、人通りの少ない夜間や休館日にひっそりと行いました。

屋上撤去

屋上撤去

屋上に設置してあった、クーリングタワーの撤去の様子です。
クレーンで地上まで降ろしました。

基礎工事

基礎工事

基礎工事

機器を撤去した後は、新たに機械を置くための基礎を作ります。これは、屋上のモジュールチラーを置くための基礎です。
工事の計画段階において、屋上の耐震強度に問題ないことを確認しました。

搬入の様子

搬入の様子

基礎ができあがったら、いよいよモジュールチラーの設置です。
一台ずつクレーンでつり上げ、正確に載せていきます。

地下のポンプ設置状況

地下のポンプ設置状況

地下のポンプ設置状況

こちらは地下2階における、新しいポンプの設置状況です。

地下2階のヘッダーの様子

コミュニティセンター内のすべての空調エリアへ冷水や温水を分けて送る「ヘッダ」と呼ばれる配管部分があります。
この写真は、熱が逃げてしまわないようにするための断熱材を取付けた様子です。断熱材の厚さは50mmあります。断熱材の取付けは、空調の能力を無駄なく発揮させたり、配管を老朽化から守ったりするための大切な工事です。

屋上の様子

屋上の様子

屋上の施工前後の写真です。

地下2階の様子

地下2階の様子

こちらは地下2階の施工前と施工後の写真です。
ターボ冷凍機や蓄熱槽などが不要となり、空きスペースとして有効利用できるようになりました。複雑な配管もなくなったため、照明が行き届き明るい空間となりました。

エントランスホール

廊下

エントランスホールや廊下など、空調の吹き出し口は色々なところにあります。
お越しの際は天井に着目して、探してみてください。

工事概要

所在地

松山市湊町7丁目5番地

主要用途

コミュニティーセンター

工期

平成27年11月〜平成28年6月
延べ床面積 47,869平方メートル

お問い合わせ

公共建築課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館9階
電話:089-948-6786
E-mail:kenchiku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.