このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

松山市の合流式下水道改善対策

更新日:2017年3月16日

合流式下水道

合流式下水道は、汚水と雨水を同一の管渠で排除するシステムで、早くから下水道事業に着手した大都市などで採用されている処理方式です。
汚水と雨水を別々の管渠で排除する分流式に比べると、施工が容易で経済的であるという長所がある反面、雨天時には一定量までは下水処理場で処理されますが、一定量を超えた合流下水は海や川に直接放流されます。
松山市でも、昭和33年から整備を始めた市中心部588.5ha(ヘクタール)では、合流式下水道を採用しています。

分流式と合流式の処理方式の違い

分流式のイメージ図

汚水と雨水を別々の管渠で流します。
家庭や工場から出る汚水は、汚水管により下水処理場に運ばれて、微生物の働きを利用して処理された後、川や海へ放流されています。
雨水管に入った雨水は川や海に直接放流されています。

合流式のイメージ図

汚水と雨水を同じ管渠で流します。
雨の日は大量の水が流れ込むため、一定の量までは下水処理場で処理されますが、一定量を超えた水は川や海へ流れます。
また、路面などの汚濁物を含んだ雨水も合流管に流れるため、下水処理場で処理されます。

松山市の状況

中央処理区4,102.7ha(ヘクタール)のうち、市中心部588.5ha(ヘクタール)を合流式で整備しています。

中央処理区の分流式・合流式区域の面積割合のグラフ

合流式下水道の概念

雨天時に合流式下水道で処理できる下水量は、晴天時時間最大汚水量(晴天時の1日で最も使用水量の多い時間での汚水量)の3倍以上という規定があります。
松山市では、この規定に基づいてスワール分水槽を設置し処理していますが、大雨になると一部は川に放流されることがあります。
国が実施した全国的な調査では、この基準を守ることが難しい事例も報告されています。

合流式下水道の概念図(松山市)
合流式下水道の概念図(松山市)

スワール分水槽

雨天時の合流下水の省エネ処理作戦として取り組んだスワール分水槽は、流入下水の持つエネルギーにより、円形槽に渦流を発生させ、水より重い物質が渦の中央底部に、水より軽い物質は渦の外側上部に集まる現象を利用して、水中の汚濁物質を分離・除去する省エネ型の処理施設として生まれました。
松山市では、昭和61年に国のアイデア下水道の指定を受け、全国に先駆けてスワール分水槽の建設を行い、昭和63年から供用開始しています。

スワール分水槽のイメージ図

合流式下水道の改善について

平成14年に国が策定した「合流式下水道改善対策指針」や平成16年の下水道法施行令の改正に伴い、松山市では、これまでの対策(スワール分水槽・増補管)に加え、さらに改善を進めるため、国の改善対策指針に基づき、下記の3つを改善目標として、平成16年度に松山市合流式下水道緊急改善計画を策定し、計画的に改善対策を行い、平成25年度末までに合流改善を完了しました。

松山市合流式下水道緊急改善計画

改善目標

  • 汚濁負荷量の削減

   汚濁負荷量の排出を分流式下水道と同程度以下にする。

  • 公衆衛生上の安全確保

   全ての雨水吐き口で未処理下水の放流回数を半減する。

  • きょう雑物の削減

   全ての雨水吐き口できょう雑物の流出を極力防止する。

計画期間

 平成17年度から平成25年度

取組内容

  • 雨水吐きへのスクリーン設置(4箇所)
  • バイパス管の設置(2箇所)
  • 雨水滞水池の整備(1基)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

下水道政策課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 第3別館4階 
電話:089-948-6533
E-mail:gesuiseisaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.