このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

下水道への接続のお願い

更新日:2012年3月1日

下水道の役割

 下水道は、清潔で衛生的な生活環境の改善、悪臭や害虫を防除する公衆衛生の向上、浸水対策や川や海の水質保全といった、快適で安心なくらしを根底から支える重要な都市基盤設備です。
 下水道の詳しい役割やしくみは、こちらをご覧ください。

下水道への接続

 建物の所有者は、公共下水道が整備され、使用できるようになる(供用開始の告示が行われる)と、下水道に接続することが義務付けられています。(下水道法第10条第1項、同法第11条の3第1項、松山市下水道条例第3条)

  • くみ取り便所を水洗便所に改造する期限・・・供用開始日から3年以内
  • 浄化槽を廃止して下水道に接続する期限・・・供用開始日から3カ月以内

 なお、接続義務期間が過ぎた後も下水道へ接続されていないご家庭には、定期的に下水道への接続をお願いしています。

供用開始

 公共下水道が整備され、使用できるようになる(供用開始の告示が行われる)と、文書により対象となる家庭などにお知らせします。

 また、下水道サービス課の窓口でも供用開始区域の地図をご覧いただけます。

下水道への接続(宅内排水設備)工事

 宅内排水設備工事は、専門的な技術を伴うため、松山市の指定を受けた指定工事店でなければ工事ができません。(松山市下水道条例第7条)

 指定工事店以外で施工をすることは、違法工事として処罰の対象となりますのでご注意ください。(松山市下水道条例第44条)

 また、工事完了後は、市の職員立会いのもと完了検査を必ず受けてください。(松山市下水道条例第6条)

 松山市下水道排水設備工事指定工事店は、別表のとおりです。

 なお、松山市から指定工事店をあっ旋することはできません。

宅内排水設備工事の費用

 工事費用は敷地の広さや形状等により異なりますので、指定工事店との見積もり合わせを行うことをおすすめします。

 なお、工事費用を無利子で貸付する制度もございます。
 詳しくはこちらをご覧ください。

下水道使用料

 下水道への接続が完了しますと、下水処理施設が汚れた水をきれいにしてから川や海などに返します。
 そこで、下水処理施設の維持管理費等のため、下水道使用料を納めていただくようになります。
 詳しくはこちらをご覧ください。

川や海に流れる汚れの量

 水のよごれをあらわす数値の1つにBOD(生物化学的酸素要求量)があります。
 これは、微生物がよごれをきれいにするのに必要な酸素の量のことで、大きいほど汚いことになります。
 一人が一日に出すよごれの量は、40g/日・人と言われています。

川や海に流れるBOD量

 くみ取り便所または単独浄化槽 32g/日・人

 合併浄化槽 4g/日・人

 下水道 2g/日・人

  参考:社団法人全国浄化槽団体連合会HPより(数値は設計値から試算)

 下水道に切り替えて、よりよい水環境を目指しましょう!!

お問い合わせ

下水道サービス課 普及啓発担当
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 第3別館1階
電話:089-948-6528
E-mail:gesuisaabisu@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.