このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

更新日:2018年4月1日

肺炎球菌感染症とは

日本人の死因の3番目を占める肺炎は、抵抗力が弱まった時にかかりやすく、高齢者を中心に年間約12万人が亡くなっています。肺炎を引き起こす病原菌には様々な種類がありますが、高齢者の肺炎の原因で最も多い(全体の約3割を占める)のが肺炎球菌です。

接種の目的と効果

国内でみられる肺炎球菌のうち、約8割以上を占める23種類の肺炎球菌感染症(肺炎など)について予防効果があり、重症化を防止します。65〜74歳で接種後3〜5年の侵襲性肺炎球菌感染症(無菌であるはずの血液や髄液の中に菌が侵入した状態)に対する予防効果について調べた報告では、接種者の約71%に効果を認めたとされています。
接種後3週間で免疫ができ、効果持続期間は健康な成人で5年以上とされています。ただし、全ての肺炎を予防するものではありません。
(注意:再接種することにより、接種部位の痛み、発赤、腫れなどの副反応が強く出ることがあるため、注意が必要です。)

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種について

実施期間

   平成30年4月1日(日曜日)〜平成31年3月31日(日曜日)

対象者

   市内に住民登録のある人で次の(1)または(2)に該当する人
   ただし、このワクチンを過去に1回でも接種したことのある人(任意接種を含む)は、定期予防接種の対象とはなりません。

(1)平成30年度対象者
年齢 生年月日
65歳 昭和28年4月2日生 〜 昭和29年4月1日生 
70歳 昭和23年4月2日生 〜 昭和24年4月1日生
75歳 昭和18年4月2日生 〜 昭和19年4月1日生
80歳 昭和13年4月2日生 〜 昭和14年4月1日生
85歳

昭和8年4月2日生  〜 昭和9年4月1日生

90歳 昭和3年4月2日   〜 昭和4年4月1日生
95歳 大正12年4月2日  〜 大正13年4月1日生
100歳 大正7年4月2日   〜 大正8年4月1日生

(2)接種時に60〜64歳で、心臓、腎臓、若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる
   免疫低下の重度障害(身体障害者手帳1級相当)を有する人
 ※高齢者インフルエンザの60〜64歳の対象者と同様

ただし、既に肺炎球菌ワクチン(23価ポリサッカライド)の接種を受けたことがある人は対象外となります。

方法 

   肺炎球菌ワクチン(23価ポリサッカライド)を使用し、1回筋肉内又は皮下に注射する。
   接種量は0.5ml

回数

  1回     

費用

  4,000円
  ただし、上記対象者のうち接種費用の免除対象者(ア.生活保護受給者 イ.中国残留邦人等の支援受給者)は、所定の手続きにより無料で接種できます。

申込み方法

  予防接種実施医療機関で予約をして接種してください。 (予診票・接種券は医療機関にあります)

松山市内の接種できる医療機関  

※医療機関において接種できる対象が限られる場合がありますので、事前に各医療機関へお問い合わせください。

接種時に必要なもの

  ●記録カード(上記対象者(1)の方に個別に送付しています。)
  ●健康保険証など、住所、氏名、生年月日が確認できるもの
  ●身体障害者手帳(上記対象者(2)に該当する方のみ)

●無料で接種できる方は必要書類
接種費用の免除対象者 必要書類 発行できるところ
ア.生活保護受給者 保護受給証明書 生活福祉業務第1課・第2課
イ.中国残留邦人等の支援給付受給者 支援給付受給証明書 生活福祉総務課

市外での接種について

高齢者の肺炎球菌感染症予防接種の対象の方は、松山市以外の愛媛県内の医療機関でも同様に受けられます(一部の医療機関を除く)。

県外での接種を希望される場合

愛媛県外の医療機関への入院等のため、県外での接種を希望される場合は、あらかじめ松山市保健所へ申請が必要です。
松山市保健所への申請をせずに接種した場合は、接種費用の払い戻しや健康被害の救済制度の対象となりませんのでご注意ください。
(※払い戻し制度の詳細はこちら)

参考資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健予防課 予防接種担当
〒790−0813 愛媛県松山市萱町六丁目30−5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1858  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.