新型コロナウイルス接触確認のアプリとシステムをご活用ください

更新日:2020年9月12日

新型コロナウイルス感染症は発症2日前から人にうつす可能性があると言われています。また、症状のない感染者(無症状病原体保有者)から人にうつしてしまうことも分かってきており、感染者が無意識に周囲に感染を拡げてしまい、クラスターの発生につながることが危惧されています。
感染者との接触状況を知らせる「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」と「えひめコロナお知らせネット」を多くの方が利用することで、濃厚接触者を中心とした早期のクラスター対策が可能となりますので、ご活用いただきますようお願いします。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を運用しています。自分を守り、大切な人を守り、地域と社会を守るために、接触確認アプリの活用にご協力をお願いします。
このアプリは、利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いにわからないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受け取ることができます。
利用者は、陽性者と接触した可能性がわかることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。また、利用者が増えることで、感染拡大の防止に繋がることが期待されます。

アプリのインストール方法

App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」で検索してインストールしてください。

■App Store
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)(App Storeへリンク/別ウィンドウで開きます)

■Google Play
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)(Google Playへリンク/別ウィンドウで開きます)

※詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省のホームページ(外部サイト)をご覧ください。

えひめコロナお知らせネット

愛媛県では、不特定多数の方が参加・利用するイベントや施設・店舗棟におけるクラスター対策として、スマホアプリのLINEを活用した県独自の接触確認システム「えひめコロナお知らせネット」を運用しています。
このシステムは、店舗・施設やイベント会場などに掲示されたQRコードを、施設の利用者等がLINEアプリで読み取り、連絡先を愛媛県に登録していただくことで、後日、施設利用者等が新型コロナウイルスに感染した際に、登録いただいた方に濃厚接触の疑いがあるなど、必要がある場合に愛媛県から感染拡大防止に向けたお知らせなどを行うものです。
事業者の皆様には、感染拡大防止のため、積極的な導入をお願いするとともに、市民の皆様のご利用をお願いします。

LINEを活用した愛媛独自の接触確認システム(えひめコロナネット)の仕組み

利用方法

  1. 愛媛県LINE公式アカウントを友だち追加しておきます(事前に友だち追加をしなくても、初回の店舗等でのQRコード読み取り時にも追加することができます)。
  2. 訪れた施設・店舗等に掲示されたQRコードを読み取ります。

※ 詳しくは、県ホームページの「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。えひめコロナお知らせネットについて(外部サイト)」をご欄ください。

お問い合わせ

保健予防課 感染症対策担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1815  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで