松山ブロックごみ処理広域化基本構想

更新日:2022年4月1日

松山ブロックごみ処理広域化基本構想とは

 松山ブロックの3市3町(松山市、伊予市、東温市、松前町、砥部町、久万高原町)は、持続可能なごみ処理体制を構築するため、令和2年9月に「松山ブロックごみ処理広域化検討協議会」を立ち上げ、愛媛県をオブザーバーとして、松山ブロックのごみ処理広域化・集約化の具体的な検討を開始しました。
 松山ブロックごみ処理広域化基本構想では、松山ブロックに属する各市町の現状や課題を把握するとともに、広域処理の検討を進めるための基本的事項を整理しています。
 今後は、本構想を基に、住民の意見などを伺いながら、松山ブロックごみ処理広域化検討協議会で議論を重ね、広域処理の可否や、広域処理する場合の処理体制、ごみ処理方式などを決定していくこととなります。

ダウンロード

詳細版の各章ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境モデル都市推進課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階

電話:089-948-6434

E-mail:kankyou-m@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで