このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

住居確保給付金の支給方法

更新日:2021年1月1日

支給額、支給期間、支給期間中の活動、支給先

(1)支給額

 支給額は、世帯の人数により次のとおり計算します。ただし、支給額の計算で100円未満の端数が生じたときは、その端数金額を切り上げて支給します。また、支給額が100円未満のときは、100円を支給します。

単身世帯
 月収8.1万円(基準額)以下の方の住居確保給付金支給額は家賃額(3.2万円が上限)です。
 月収8.1万円(基準額)を超え、11.3万円(家賃が3.2万円の場合)未満の方は、以下の数式で計算された額です。
     住居確保給付金支給額※ = 家賃額 − (月収 − 8.1万円(基準額))
   ※ 住居確保給付金支給額は3.2万円が上限

単身世帯で家賃5万円の例

家賃額
(ア)

月収
(イ)

基準額
(ウ)

月収−基準額
(エ)

ア−エ

住居確保
給付金
支給額

50,000円 81,000円 81,000円 0円 50,000円

32,000円

50,000円

82,000円

81,000円

1,000円

49,000円

32,000円

50,000円

99,000円

81,000円

18,000円

32,000円

32,000円

50,000円

100,000円

81,000円

19,000円

31,000円

31,000円

50,000円

110,000円

81,000円

29,000円

21,000円

21,000円

50,000円

112,000円

81,000円

31,000円

19,000円

19,000円

50,000円

113,000円

81,000円

32,000円

18,000円

収入超過
で不支給

2人世帯
 月収12.3万円(基準額)以下の方の住居確保給付金支給額は家賃額(3.8万円が上限)です。
 月収12.3万円(基準額)を超え、16.1万円(家賃が3.8万円の場合)未満の方は、以下の数式で計算された額です。
     住居確保給付金支給額※ = 家賃額 − (月収 − 12.3万円(基準額))
   ※ 住居確保給付金支給額は3.8万円が上限

2人世帯で家賃5万円の例

家賃額
(ア)

月収
(イ)

基準額
(ウ)

月収−基準額
(エ)

ア−エ

住居確保
給付金
支給額

50,000円

123,000円

123,000円

0円

50,000円

38,000円

50,000円

124,000円

123,000円

1,000円

49,000円

38,000円

50,000円

135,000円

123,000円

12,000円

38,000円

38,000円

50,000円

136,000円

123,000円

13,000円

37,000円

37,000円

50,000円

146,000円

123,000円

23,000円

27,000円

27,000円

50,000円

160,000円

123,000円

37,000円

13,000円

13,000円

50,000円

161,000円

123,000円

38,000円

12,000円

収入超過
で不支給

3人世帯
 月収15.7万円(基準額)以下の方の住居確保給付金支給額は家賃額(4.2万円が上限)です。
 月収15.7万円(基準額)を超え、19.9万円(家賃が4.2万円の場合)未満の方は、以下の数式で計算された額です。
     住居確保給付金支給額※ = 家賃額 − (月収 − 15.7万円(基準額))
   ※ 住居確保給付金支給額は4.2万円が上限

3人世帯で家賃5万円の例

家賃額
(ア)

月収
(イ)

基準額
(ウ)

月収−基準額
(エ)

ア−エ

住居確保
給付金
支給額

50,000円

157,000円

157,000円

0円

50,000円

42,000円

50,000円

158,000円

157,000円

1,000円

49,000円

42,000円

50,000円

165,000円

157,000円

8,000円

42,000円

42,000円

50,000円

166,000円

157,000円

9,000円

41,000円

41,000円

50,000円

176,000円

157,000円

19,000円

31,000円

31,000円

50,000円

198,000円

157,000円

41,000円

9,000円

9,000円

50,000円

199,000円

157,000円

42,000円

8,000円

収入超過
で不支給

※ 基準額は、松山市での住民税均等割が非課税となる所得額を収入額に換算しの12分の1を乗じて得た額(4月から6月までの間に申請される世帯は、前年度(令和元年度)の住民税均等割が非課税となる所得額を収入額に換算し12分の1を乗じて得た額、7月以降に申請される世帯は、今年度(令和2年度)の住民税均等割が非課税となる所得額を収入額に換算し12分の1を乗じて得た額)

(2)支給期間

 住居確保給付金支給期間は原則3カ月間ですが、一定の条件の下※支給期間を3カ月毎に最長6カ月延長し、最大9カ月間受給できます。
 ※下記の1、2両方の条件を満たす方

  1. 延長申請時に生活困窮者自立支援法および同施行規則などで定める支給要件に該当している方
  2. 生活困窮者自立支援法施行規則などで定める就職活動要件を誠実に実施している方

 (支給要件(1)から(8)を参照

(3) 支給期間中の活動

 支給対象者は、支給期間中に常用就職に向けた就職活動を行うことが必要です。具体的には、次の1から3までの活動を行います。

  1. 月2回以上、ハローワーク松山の職業相談を受けること
  2. 月1回以上、松山市自立相談支援窓口の面接相談を受けること
  3. 原則、週1回以上の求人先への応募または面接を受けるなど、常用就職に向けた就職活動(コロナ禍による休職・休業中の方は、就職活動を免除する場合あり。)を行うこと

 支給期間の延長を希望する者は、上記の1から3までに加え、原則、次の支援を利用することが必要です。(コロナ禍による休職・休業中の方は、就職活動を免除する場合あり。)

(4) 支給先

 原則、松山市から住宅の貸主の口座へ直接振り込みます。

 ただし、賃料の支払いが賃貸借契約上でクレジットカードを使用する方法等に限定されている場合は、クレジットカード払いの方法もできます。詳しくは、以下を参照してください。

住居確保給付金の支払方法
家主等との賃料の支払契約 支払方法
口座振込で支払う契約 松山市から家主等へ直接支払
クレジットカードを使用する方法に限定した契約 住居確保給付金受給者から家主等へクレジットカード払い
口座振込またはクレジットカード払いを選択できたが、クレジットカード払いで契約し途中変更できない契約

住居確保給付金受給者から家主等へクレジットカード払い

手続きをすればクレジットカード払いから口座振込に変更できるが、変更手続きの間は契約によりクレジットカード払いが必要な場合

口座振込への変更手続きができるまでの間に限り、住居確保給付金受給者から家主等へクレジットカード払い

クレジットカード払いの手続方法

  • クレジットカード払いの手続きするには、家主等からの証明書類『入居住宅に関する状況通知書』が必要です。(『入居住宅に関する状況通知書』の用紙は、自立相談支援窓口にあります。)
  • 口座振込が選択できる場合は、クレジットカード払いの手続きはできません。
  • 令和2年5月29日より前に住居確保給付金の支給決定を受けている方で、「クレジットカードを使用する方法に限定した契約」または「口座振込またはクレジットカード払いを選択できたが、クレジットカード払いで契約し途中変更できない契約」の場合は、『住居確保給付金変更支給申請書』と『入居住宅に関する状況通知書』が必要です。(『住居確保給付金変更支給申請書』と『入居住宅に関する状況通知書』の用紙は、自立相談支援窓口にあります。)
  • クレジットカード払いの手続きをされた方は、家主等(貸主または貸主から委託を受けた事業者)に支払ったことを証明する文書を支払い後、毎月速やかに「自立相談支援窓口」へ提出してください。

クレジットカード払いでの注意事項

  • クレジットカード払いの手続きは、住居確保給付金支給決定者が確実にクレジットカード払いにより貸主または貸主から委託を受けた事業者に支払われることを条件に松山市が「住居確保給付金支給決定通知書」を通知することで決定します。
  • 住居確保給付金支給決定者がクレジットカード払いで使用する金融機関口座が差し押さえ等により貸主または貸主から委託を受けた事業者に支払いができない事情が生じた場合は、クレジットカード払いでの住居確保給付金の支給を中止します。

(5) 注意事項

※住居確保給付金の受給後に、虚偽の申請等不適切受給に該当することが判明した場合は、支給した額を返還していただきます。

お問い合わせ

松山市福祉・子育て相談窓口(自立相談支援窓口)
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 別館1階
電話:089-948-6875(自立相談支援窓口)
FAX:089-943-6688(障がい者総合相談、自立相談支援窓口)
E-mail:shien@matsuyama-wel.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.