このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

母子加算

更新日:2019年10月1日

 令和元年10月の基準改定により母子加算が改定されました。

 生活保護ではひとり親世帯等の方に対し一般の基準生活費に加え母子加算を認定しています。

加算の月額

母子加算

母子加算
の対象者

平成30年
9月まで

平成30年10月
から
令和元年9月まで

令和元年10月
から
令和2年9月まで

令和2年10月
から
令和3年9月まで

1人目 21,200円

19,800円

18,800円
(18,400円)

17,400円
(17,000円)

2人目に
加算する額

1,690円

2,600円

3,600円
(3,500円)

4,400円
(4,300円)

3人以上
1人増す毎に
加算する額

850円

1,500円

2,200円
(2,100円)

2,700円
(2,600円)

  • 上記の金額は、養育者が居宅基準を適用されている場合の金額です。
  • 令和2年10月以降は、基準額が告示されていないため想定額です。
  • 令和元年10月以降の金額中、下段のカッコ内の金額は、令和元年10月の消費税率の改定を加味する前の金額です。

母子世帯に係る経過的加算

母子世帯に係る経過的加算
母子加算の対象となる者の年齢 3人世帯

4人世帯

5人世帯以上

0〜2歳 0円

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

3〜5歳

0円

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

6〜11歳

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

12〜14歳

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

15〜17歳

0円

0円

0円

18〜19歳

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

2,140円
(1,050円)

  • 母子世帯に係る経過的加算は、養育者が居宅基準を適用されており、母子加算の対象者が1人のみの場合に限り適用されます。
  • 下段のカッコ内の金額は、令和元年10月の消費税率の改定を加味する前の金額です。
養育者が在宅での母子世帯に係る経過的加算

対象児童数

経過的加算

1人

2,140円
(1,050円)

2人

310円
(150円)

  • 上記の金額は、対象児童全てが入院・入所基準を適用されている場合に限ります。
  • 母子世帯に係る経過的加算は、養育者が居宅基準を適用されている場合に限り適用されます。
  • 下段のカッコ内の金額は、令和元年10月の消費税率の改定を加味する前の金額です。

加算の対象者

  • 父母の一方がいない世帯またはこれに準じる状態の世帯の方が児童(※1)を養育しなければならない場合に加算します。
  • 父母の両方がいない世帯またはこれに準じる状態の世帯で父母以外の方が児童(※1)を養育しなければならない場合に加算します。

※1 児童は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間(高等学校卒業まで)の者です。ただし、児童が生活保護法の障害者加算を認定している場合は、20歳に達する日の属する月までの間の者です。
※世帯から転出した児童および児童福祉施設に入所している児童は加算しません。

父母の一方または両方がいない方に準じる状態

 加算の対象者のうち、「父母の一方または両方がいない方に準じる状態」とは、次に該当する状態です。

  • 父母の一方または両方が常時介護または監護を要する身体障害者または精神障害者の場合(※2)
  • 父母の一方または両方が引き続き1年以上にわたって入院中または法令で拘禁されている場合
  • 父母の一方または両方がおおむね1年以上にわたって行方不明の場合または父母の一方または両方が子を引き続き1年以上遺棄していると認められる場合
  • 父母の一方が「配偶者からの暴力の防止および被害者の保護に関する法律第10条第1項」の規定の命令を受けた場合

※2 児童扶養手当法第4条第1項にいう別表(児童扶養手当法施行令第1条第2項別表第二)に定める障がい状態にある方です。

加算の重複調整について

  • 障害者加算または母子加算(母子世帯に係る経過的加算の金額を含む。)は、同一の方がいずれの加算理由にも該当する場合、いずれか高い加算額で計算します。
  • 母子加算のうち、児童が2人以上の場合に児童1人につき加算する額は、重複調整しません。

お問い合わせ

松山市福祉事務所 生活福祉相談窓口
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 別館1階
電話:089-948-6395
FAX:089-934-2632
E-mail:sekatufukusi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.