このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

応急手当講習のご案内

更新日:2017年10月13日

応急手当について


救命講習風景

突然のケガや病気の場合に、病院に行くまでに、家庭や職場でできる手当のことを応急手当と言います。
心肺停止などの重篤な状態に陥った人に対して、救急車が到着するまでにそばに居合わせた人が適切な応急手当を実施することで助かる命があります。
松山市消防局では、救命率の向上のため、心肺蘇生法やAEDの取扱いを含めた以下の救命講習を行っています。
あなたの大切な命を救うために、講習で正しい知識と技術を身に付けましょう!

応急手当講習の種類

各コース一覧

時間

内容

日程・申込み先

普通救命講習1 3時間

成人に対する心肺蘇生法やAEDの使い方、止血法、異物除去法など。
定期講習あり(会場は松山市保健所・消防合同庁舎の救命講習室で実施)

定期講習日程

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【定期講習日程表】(PDF:317KB)
申込み先

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【消防署所一覧】(PDF:101KB)

普通救命講習2 4時間 普通救命講習1に筆記・実技試験が追加。
普通救命講習3 3時間 小児・乳児に対する心肺蘇生法やAEDの使い方、止血法、異物除去法など。
上級救命講習 8時間

成人・小児・乳児に対する心肺蘇生法やAEDの使い方、止血法、異物除去法、ケガの手当、搬送法など。

実技救命講習

2時間

応急手当WEB講習(e-ラーニング)の受講証明書を取得した人を対象とし、応急手当の実技が短時間で学べます。

応急手当WEB講習
(e-ラーニング)

1時間 インターネットで応急手当の知識を学べます。

乳幼児を持つ
親のための
救命講習

3時間

小児・乳児に対する心肺蘇生法やAEDの使い方、止血法、異物除去法など。
※対象〜子育て中の両親。  ※託児サービス(定員5名:6ヵ月以上3歳未満)あり。
定期講習あり(原則5月〜10月の第2土曜)

パパ・ママ
救命講習

3時間

保健師が乳児・新生児の解剖生理学的特徴や出産に向けての心構えを1時間講義。
救急隊員が乳児・新生児に対する心肺蘇生法やAEDの使い方などを2時間実技講習。
※対象〜妊産婦の夫婦(1人での参加可)
定期講習あり(原則5月〜10月の第4土曜)

応急手当
普及員
養成講習

24時間

応急手当に関する基礎的な知識、技術、基礎医学、講習の指導技法などを学ぶ講習。
※普及員認定取得後、「市民救急サポーター」へ任意登録することで、救急隊員と一緒
にボランティアで救命講習指導ができる。

応急手当
普及員
再講習

3時間

応急手当普及員認定証の交付を受けている者に対し、3年毎に実施する再講習。
定期講習あり

患者等搬送
乗務員
基礎講習

24時間

患者等の生命及び身体の安全を図ることを目的に、民間の搬送事業者等に対し、
必要な指導を行うことで一定の基準に適合する事業者に認定を行うための講習。

患者等搬送
乗務員
定期講習

3時間 患者等搬送乗務員適任証の交付を受けている者に対し、2年毎に実施する再講習。
  • 講習受講料は無料です。(患者等搬送乗務員基礎講習はテキスト代が必要)
  • 受講後に修了証又は認定証を交付します。(応急手当WEB講習は受講証明書)
  • 応急手当講習時には、テキストを配布しています。 ⇒ ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【応急手当講習テキスト】(PDF:2,211KB)


普通救命講習風景


応急手当普及員養成講習風景


乳幼児を持つ親のための救命講習風景


パパ・ママ救命講習風景

応急手当講習の申込み

  • 受講対象者は、市内に在住、通勤、通学されている方です。
  • 受講資格等はありません。
  • 各定期講習の受付期限は開催日の7日前までとし、申込者数が10名未満の場合は開催中止(応急手当普及員再講習を除く)とさせていただきますのでご了承ください。

団体で受講する場合

  • 定期講習を開催していますので、定期講習日程表を確認して、最寄りの消防署までご連絡ください。
  • 定期講習との日程調整が困難な場合や希望の講習種別が定期講習に無い場合はご相談ください。

個人で受講する場合

  • 定期講習を開催していますので、定期講習日程表を確認して、最寄りの消防署までご連絡ください。

申込先・定期講習日程

インターネット(WEB講習)で応急手当を学びたい方へ


応急手当WEB講習受講証明書(イメージ)

  • 「応急手当WEB講習」とは、パソコンやスマートフォンなどを活用し、インターネット上で時間や場所にしばられることなく自由に応急手当を学習できます。
  • 消防局では、標準的な講習として普通救命講習1(3時間)を開催していますが、WEB講習を受講して2カ月以内実技救命講習(2時間)を受講すると、普通救命講習1を修了したものと認定し、修了証を発行します。

〜こんな方におすすめです〜

  1. 講習会に参加できないが、学びたい。
  2. 講習を受講する(した)ので、予習・復習に活用したい。
  3. 短時間の実技講習なら受講できる。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。応急手当WEB講習はこちらをクリック

応急手当講習会受講申込書

バイスタンダー(救急現場に居合わせた人)に対する補償制度

概要

 バイスタンダーが応急手当を実施して、感染症にり患した疑いのある場合に、その検査費用を補償する制度です。

適用要件

 バイスタンダーが応急手当の実施中に生じた偶然な事故により、感染症にり患した疑いのある場合に、応急手当を実施した事実及び応急手当の実施に伴い感染症にり患した疑いがあることを松山市消防局が客観的に判断できる場合。

補償内容

 適用要件に該当する方が、感染症の検査を受けた場合に、感染検査見舞金2万5千円を支給します。
 感染症の検査とは、「直後検査(偶発的事故が発生してから7日以内に行うもの)」と「結果検査(直後検査を行った日から、おおむね3か月経過した時点で行うもの)」をいいます。
 ※見舞金の支給は1回限りです

請求方法

 事故発生日から30日以内に松山市消防局へ届出をし、必要な書類を提出してください。

 詳細は、松山市消防局警防課救急担当にお問い合わせください。
 電話:089−926−9227(平日8時30分から17時15分まで)

応急手当に係る見舞金支給基準

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

警防課
〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9227
E-mail:sbkeibou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.