このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 救急 の中の 消防局から熱中症予防のおしらせ のページです。

本文ここから

消防局から熱中症予防のおしらせ

更新日:2018年7月15日

熱中症にご注意ください!

日本の高温多湿な気候風土から、暑熱の影響を受けて、さまざまな環境下で、熱中症の傷病者が発生します。
夏本番を迎える前の、気温が高くなる時季から注意しましょう。

熱中症救急搬送状況

熱中症は適切な予防をすることがたいせつです。

  • 水分・塩分補給

 こまめな水分と塩分の補給

  • 熱中症になりにくい環境

 扇風機やエアコンを使用した室温調節
 遮光カーテン、すだれ、打ち水など

  • 体調に合わせた対策

 睡眠や食事をしっかりとり、通気性の良い衣服着用する
 保冷剤、冷たいタオルなどを使用した体の冷却

  • 外出時の注意

 日傘、帽子を着用して外出
 日陰の活用と、こまめな休憩
 晴天日中の外出を出来るだけ控える
 

熱中症の症状

暑熱の環境下で、下記の症状を認めた場合は熱中症が疑われます。

  1. 痛みを伴う筋肉の痙攣(こむらがえり等)
  2. 全身の痙攣
  3. 一過性のめまい、意識障害
  4. 吐き気、嘔吐
  5. 全身の倦怠感、脱力感
  6. のどの渇き、尿量の減少
  7. 体温の上昇、発汗多量、発汗停止、皮膚の乾燥

応急処置など

  1. 上衣を脱がせるとともに、他の衣服をゆるめる。
  2. 塩分などを含む水分補給をする。
  3. 風通しの良い日陰や冷房のきいた場所で休憩させる。
  4. 頚部、腋の下及び下肢の鼠径部をタオルや冷却剤などで冷やす。
  5. 霧吹きなどを使用し、素肌にミストをかけて団扇であおぐなど、水(常温可)の気化熱を利用した全身の冷却も効果があります。
  6. 早期に、医療機関で受診する。

救急車

※自分で水分補給できない、ぼんやりしている、ぐったりしている、名前を呼んでも反応がないなどの意識障害を認める場合は、躊躇することなく迅速に救急要請を行ってください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

警防課
〒790-0811
愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9227
E-mail:sbkeibou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.