このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 自主防災組織 の中の 浮穴地区自主防災組織連合会意見交換会 のページです。

本文ここから

浮穴地区自主防災組織連合会意見交換会

更新日:2012年3月25日

 地域防災について研究されている、愛媛大学大学院理工学研究科 二神准教授と浮穴地区自主防災組織連合会が、浮穴地区の地域防災についての意見交換会を行いました。
 二神准教授の研究題材である防災シミュレーターソフトを活用し、水害や火災など災害発生時における被害状況の予測を行い、それを基にした防災の強化策などの話し合いが行われました。地域住民からは、シミュレーションの要素となる、過去に受けた被害など地域の特性情報が提供され、防災の強化へつながる意見交換が行われました。

日時

平成24年3月15日(木曜日)10時30分から12時

場所

松山市森松町 浮穴公民館

参加者

  • 浮穴地区自主防災組織会長(4名)    

  浮穴地区防災士(5名)    

  浮穴地区住民(4名)

  • 愛媛大学大学院理工学研究科 二神准教授

                       藤原助手

  • 南消防署1部消火業務担当(浮穴地区担当)

内容

  1. 3Dシミュレーター体験見学
  2. 各地区地図による危険箇所の記入作業
  3. 質疑応答

意見交換会開催風景

写真:シミュレーター表示
シミュレーター表示

災害などの被害を予測したもらいました。

写真:シミュレーター画面
シミュレーター画面

建物配置状況や風速、道路幅などの要素を基にして、災害による火災などの被害を時間経過とともに予測してもらいました。

写真:質疑応答
質疑応答

浮穴地域における災害全般についての質疑応答が行われ、避難についての対策や問題点などの意見が出されました。

お問い合わせ

南消防署
〒791-1104 愛媛県松山市北土居三丁目3-26
電話:089-957-8615
E-mail:sbminami@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

自主防災組織

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.