このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

松山市の防災士

更新日:2017年3月10日

防災士とは

 “自助”“共助”“協働”を原則として、社会の様々な場で防災力を高める活躍が期待され、そのための十分な意識と一定の知識・技能を修得したことを、日本防災士機構が認証した人です。

防災士の活動内容

 市では、発生が懸念される南海トラフ巨大地震等の大規模災害に備えるため、各自主防災組織の代表者から推薦を受けた方に、日本防災士機構が提唱する防災士の資格を取得していただき、地域の防災リーダーとしてご活躍いただいております。

平常時(住民に対し防災講演や訓練等の啓発活動にあたる)

  • 防災訓練や防災講演を自ら企画立案し自主的に実施
  • 地区住民から寄せられる防災相談の窓口
  • 防災情報の発信
  • 年間活動報告書を作成し提出
  • その他防災活動全般に関すること

災害発生時(会長とともに防災活動全般に携わる)

  • 避難誘導や救出・救護活動
  • 避難所の運営
  • 行政との連携

防災士養成講座の様子
防災士養成講座の様子(座学)

防災士養成講座の様子
防災士養成講座の様子(実技)

救出・救護訓練
救出・救護訓練の様子

避難所運営訓練の様子
避難所運営訓練の様子(受付)

「防災士養成講座」履修確認レポート

防災士資格を取得するために必要となりますので、防災士養成講座の受講時に作成したレポートをご持参ください。

スキルアップに関する研修会

 資格を取得された防災士または自主防災組織の関係者の防災に関する知識・技術をさらに向上していくことを目的に、定期的に研修会を開催しています。
 内容は、災害時の避難所運営やトイレ問題、災害時に活かせる手話などをテーマにしたものや、ロープワークや救出・救護、応急手当などの実技訓練など、多岐にわたります。

研修の様子
研修の様子(避難所運営)

研修の様子
研修の様子(トイレ問題)

研修の様子
研修の様子(手話)

研修の様子
研修の様子(ロープワーク)

防災士の活動に関する書式

 市の公費負担により防災士の資格を取得された方には、地域での防災活動など、一定の役割を担っていただいています。
 訓練の実施や年間の活動内容など、以下の書式によりご報告をお願いしています。

防災士による訓練実施に伴う報告書式

 消防職員が出向することなく、防災士自らが中心となり防災訓練等を実施する際にご提出ください。

防災士の年間活動報告

 地域の防災リーダーとして様々な活動をいただいている防災士の皆様の活動内容を取りまとめ、今後の地域防災活動に反映させるため、年間の活動報告を作成いただいています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機管理課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
電話:089-948-6815
E-mail:kikikanri@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

自主防災組織

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.