このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

野営訓練を実施しました

更新日:2014年12月17日

訓練の目的

 この訓練は、今年度配備された拠点機能形成車両への精通及び緊急消防援助隊後方支援隊登録消防本部として効率的な後方支援体制を構築するため、エアテントの設営、仮眠、非常炊き出しを含めた野営訓練を実施し、実践的な活動を体験することで後方支援活動の習熟を図ることを目的に実施しました。

実施日時

平成26年12月15日(月曜日)15:00から翌7:00まで

参加隊員及び参加車両

2部当務隊員(22名)拠点機能形成車両

訓練実施場所

西消防署庁舎南側グラウンド

訓練内容

野営施設設営 15:00から17:00まで


この場所で野営訓練のテントを設営します


テントを保護する等の目的でブルーシートを広げます


このテントは台車を含めてなんと300キログラム


ここまで運ぶのも一苦労


収納されているテントを広げていきます


テントも意外と重いため人手が必要です


完全に広げると約56畳(12m×7.6m)もの広さ


発電機を使ってテントに空気を送り込むと


約5分でテントが膨らみます


想像以上に早く完成


テントの固定にも消防の技術が活かされます


テント内では蛍光灯は必需品


両サイドに取り付けます


暖房器具も欠かせません


ベッドは組み立て式です


マイナス15℃までならこの寝袋で大丈夫


食事場所は車庫内です


完成した頃には日も傾いていました

炊出し訓練 17:30から21:00まで


使用するのはレスキューキッチン


お湯だけでできるラーメンやレトルト食品で夕食


レトルトご飯も一気に温める事が可能です


メニューはカレーライスとラーメンです

仮眠 22:00から翌4:00まで


おやすみなさい

起床・食事準備・食事・資器材撤収 4:00から7:00まで


朝食もレトルト食品です


メニューはご飯、味噌汁、缶詰


食事が終わると資器材の撤収作業です


1日の野営訓練で出たゴミです

訓練実施隊員の感想


小木曽 新 消防副士長

 本訓練は、緊急消防援助隊として派遣されたことを想定し実施しました。野営施設の設営、炊き出し訓練等を実施することで緊急消防援助隊として派遣されたことがない隊員や、登録されていない隊員にとっては活動隊としての流れや困難さを体験することができ、大変有意義な訓練になったと思います。また、西署は拠点機能形成車両及び燃料補給車を保有しており、後方支援部隊での派遣が考えられます。本訓練は必ず実災害時に活きてくるものであり、継続して実施する必要があると考えています。

お問い合わせ

西消防署
〒791-8061 愛媛県松山市三津三丁目4番23号
電話:089-951-0894
E-mail:sbnisi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

訓練

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.