このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 訓練 の中の 高度救助隊、特別救助隊及び愛媛県警察機動隊合同による地震災害対応訓練を実施しました のページです。

本文ここから

高度救助隊、特別救助隊及び愛媛県警察機動隊合同による地震災害対応訓練を実施しました

更新日:2015年10月15日

目的

訓練概要風景

 南海トラフを震源とした大規模地震等の発生に実動部隊として備えるために、高度救助隊、特別救助隊及び愛媛県警察機動隊員が一堂に会し、一定期間集中的に訓練することにより、震災救助技能を向上させるとともに、警察機関との連携強化を図るため、松山市北部防災拠点の瓦礫訓練場で、実践的な訓練を実施しました。

訓練概要

訓練実施期間

平成27年9月7日(月曜日)から平成27年9月23日(水曜日)まで…実施回数13回

場所

松山市北部防災拠点 瓦礫訓練場
(松山市中央消防署 城北支署:愛媛県松山市馬木町2227番地)

参加機関及び参加人数

参加隊集結状況

  • 愛媛県警察本部 警備部機動隊
  • 松山市消防局 中央消防署 高度救助隊
  • 松山市消防局 各署(東消防署、南消防署、西消防署)特別救助隊

   <訓練実施回数 13回>
    消防職員述べ    109名
    県警機動隊員述べ  44名  
 

訓練内容

現場指揮状況

  • 高度救助資機材取扱い訓練
  • 高度救助資機材による瓦礫内検索訓練

(テクニカルサーチ)

  • 狭隘空間内救出救助訓練

(CSR)

訓練風景

高度救助資機材取扱い訓練

電磁波探査装置取扱い

地震警報器取扱い

松山市 高度救助隊に配備されている高度救助資機材についてはこちら

テクニカルサーチ

テクニカルサーチ電磁波探査装置

テクニカルサーチ地中音響探知機

狭隘空間内救出救助訓練(CSR)

狭隘空間活動

狭隘空間での救出訓練

震災現場における救助技術の紹介

画像探索機
人命検索

 大規模地震発生時には、広範囲に建物の倒壊や崩落が発生し、多くの要救助者が閉鎖空間に閉じ込められることが予測される。人命検索は、情報収集により建物内に要救助者がいると判明した場合又は要救助者がいる可能性が高い場合に行い、外部からの呼びかけや探査資機材を活用して要救助者の具体的な位置を特定するものであり、迅速で効率的なサーチが求められる。
・ベーシックサーチ(呼びかけによる検索)
・テクニカルサーチ(資機材による検索)

狭隘空間内活動状況
CSR/M

 震災現場では、座屈/倒壊建物内の身動きがとれないくらい狭い空間に要救助者が取り残されている可能性が高く、その中の環境は、様々な危険要因が存在するため、高度な知識・技術が必要となる。この様な狭い空間を狭隘閉鎖空間と言い、そのような状況での救急救助活動を総称してCSR/Mと言う。

リフティング活動状況
重量物移動・固定技術

 震災現場は、広範囲に倒壊建物や道路寸断が予想されるため、重機や救助工作車の現場近接は困難となる。こうした状況の中にあっては、要救助者を救出するために、救助工作車に積載する油圧式及び空気式救助器具やバール等の人力によって瓦礫等重量物の除去等を行わなければならない。このため、重量物を効率よく安全に移動させる技術が必要となる。

ショアリング実施状況
ショアリング

 ショアリングは、倒壊危険のある建物で救助活動を行う際、更なる倒壊による二次災害を防止するため、支柱等(木材、救助用資器材、工業用資器材等)を外壁、天井、窓やドア等の開口部に施し、ダメージを受けた倒壊建物を可能な限り安定化させることである。そのことによって、救助隊員及び要救助者の不安全な環境下での安全確保に繋がり、安全な救助活動と緊急時の退避場所が確保できる。

ブリーチング実施状況
ブリーチング

 座屈/倒壊建物で、要救助者の検索及び救助を行う際、有効な開口部がない場合には救助隊員の進入口や要救助者の救出口を設定する必要がある。
 鉄筋コンクリート造の建築物の場合、壁体や床面等に開口部を設定することは容易ではない。そこで迅速かつ効率よく開口部を設定する手法を「ブリーチング」と言う。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

中央消防署
〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9222
E-mail:sbchuuou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

訓練

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.