このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 訓練 の中の 宇和島地区広域事務組合消防本部と松山市南消防署が合同訓練を実施しました のページです。

本文ここから

宇和島地区広域事務組合消防本部と松山市南消防署が合同訓練を実施しました

更新日:2016年7月22日


訓練参加隊員


救助隊員活動服(松山・宇和島)

目的

 松山市で開催される第45回消防救助技術四国地区指導会及び第45回全国消防救助技術大会への出場を目指し、救助技術の向上と隊員の士気の高揚、人事交流及び情報交換を目的に合同訓練を実施しました。

概要

訓練日時

  • 第1回 平成28年6月7日(火曜日)午後1時から午後3時30分
  • 第2回 平成28年7月7日(木曜日)午後1時から午後3時30分

訓練場所

松山市南消防署 ほふく救出訓練施設(松山市北土居三丁目3番26号)

訓練種目

「ほふく救出」
 この種目は、2人(救助者、補助者)がスタート後、救出用資器材配置台に至り、救助者は空気呼吸器を着装、補助者は確保ロープを準備し、救助者が煙道内に進入、発見した要救助者に命綱をとり、煙道から要救助者を救出して、2人が協力して要救助者をゴールまで搬送するもので、安全確実性と所要時間を評価します。(標準所要時間 1分2秒)
 また、この救出方法は、立ったままの姿勢での進入や救出活動が困難な狭隘な場所で、要救助者の救助する方法です。下水道や地下等の有毒ガスの発生場所や酸素欠乏現場での活動となるため、救助者は呼吸保護具を着装し、低い姿勢で救出活動をします。

参加隊員

  • 宇和島地区広域事務組合消防本部(救助隊員5名)
  • 松山市南消防署(特別救助隊員7名)

訓練風景


訓練開始報告


ほふく救出スタート(宇和島)


空気呼吸器着装・確保ロープ結索(松山)


煙道内へ進入(宇和島)


要救助者への命綱結索(松山)


煙道内から要救助者の救出(松山)

隊員の感想

 今回の合同訓練を通じて、貴重な経験を積むことができました。普段と違う環境で訓練を実施する他に高度な技術を間近で見るなど、技術の向上を図ることができました。
 まずは、四国大会で愛媛県代表となり、愛媛県開催という記念すべき全国大会へ出場できるように全力を尽くします。合同訓練を開催するにあたり、ご尽力いただいた関係者の皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

  • 宇和島地区広域事務組合消防本部
  • 消防副士長 藤田隊員

 今年度、松山市で開催される第45回全国消防救助技術大会に向け、出場種目である「ほふく救出」の訓練を行いました。 2日間の短い時間ではありましたが、お互いに切磋琢磨し、大会本番に繋がる良い訓練ができました。
 この合同訓練を期に、宇和島消防と共に全国大会の舞台に立ち、愛媛県の技術の高さを全国の消防本部に披露できたらと思います。そして最大の目標である日本一を目指し、今後も訓練に励みます。

  • 松山市南消防署
  • 消防士 長野隊員

お問い合わせ

南消防署
〒791-1104 愛媛県松山市北土居三丁目3-26
電話:089-957-8615
E-mail:sbminami@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

訓練

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.