このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 訓練 の中の 国津比古命神社で文化財火災防ぎょ訓練を実施しました のページです。

本文ここから

国津比古命神社で文化財火災防ぎょ訓練を実施しました

更新日:2015年2月9日

 文化財を火災・震災その他の災害から保護し、被害を軽減するとともに、文化財保護思想の普及高揚を図るために定めた「文化財防火デー」行事の一環として、県文化財に指定されている国津比古命神社楼門(くにつひこのみことじんじゃ ろうもん)を対象に約130名が参加し火災防ぎょ訓練を実施しました。
 訓練は、神社関係者や地域住民、自主防災会、消防団及び消防署との連携体制の構築・強化と、地域住民に対する防火・防災意識の高揚を図るとともに、大勢の氏子が集い盛大に開催される秋の大祭「みこし落とし」の場でもある当神社を地域の宝として継承するため実施されました。
 当日は、雨模様の中、松山市立正岡小学校の児童や松山市立国津保育園の園児など多くの地域住民が見守る中、訓練参加者は地域の宝をみんなで守ろうと一生懸命取り組んでいました。
 今後も自主防災会、消防団と連携強化を図り、一人でも多くの人が笑顔になれるまちづくりを目指します。

概要

実施日時

平成27年1月26日(月曜日)
10時00分から11時00分まで

実施場所

松山市八反地 国津比古命神社(くにつひこのみことじんじゃ)

訓練想定

 「平成27年1月26日、連日の冬型の気圧配置により火災気象通報及び強風波浪乾燥注意報が発表され、火災の起こりやすい気象状況の中、国津比古命神社西側の山林から出火し、折から強風にあおられ、本殿・楼門へ延焼拡大する危険が迫っている模様。」との想定で訓練を実施しました。

実施風景

自主防災会によるバケツリレー八反地・高田地区の自主防災会によるバケツリレー

水バケツでの初期消火水バケツでの初期消火

市民サポーターによる応急処置市民救急サポーターによる応急処置

活動を見る住民・園児活動を見守る地元住民、園児、児童たち

救助隊による負傷者救出救助隊による負傷者救出

消防団による消火活動消防団による消火活動

お問い合わせ

松山市中央消防署北条支署
〒790-2430
松山市北条辻1170番地6
電話:089-993-1818
E-mail:sbchuuou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

訓練

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.