このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

衛生検査課(えいせいけんさか)キッズページ

更新日:2012年3月1日

衛生検査課(えいせいけんさか)では、こんな仕事をしています。

感染症(かんせんしょう)食中毒(しょくちゅうどく)の検査について

細菌検査(さいきんけんさ)のイメージ写真です
細菌検査(さいきんけんさ)のイメージ写真

 食べ物を食べたりして細菌(さいきん)感染(かんせん)して病気になった人の原因を調べたり、それ以上(ひろ)がらないように防いだりするための検査(けんさ)をしています。

感染症(かんせんしょう)とは?

 目に見えないとても小さな生物である細菌(さいきん)やウィルスなどの微生物(びせいぶつ)が体の内に入って増加することによってかかる病気のことです。

 微生物(びせいぶつ)の種類によって、熱やせきがでたり頭が痛くなったりします。

 日本国内では、栄養(えいよう)衛生状態(えいせいじょうたい)向上(こうじょう)医療(いりょう)や薬の進歩(しんぽ)、発見などにより、感染症(かんせんしょう)()くなる人は昔よりはるかに少なくなりました。

食中毒(しょくちゅうどく)にはどうしてなるのでしょう?

 食中毒(しょくちゅうどく)は、おもに細菌(さいきん)やウィルスのついた水や食べ物を飲んだり食べたりして、お腹の中に細菌(さいきん)やウィルスが入り込むことで、お腹が痛くなったり下痢(げり)をしたりなどさまざまな症状(しょうじょう)を引き起こします。

 細菌(さいきん)やウィルスはとても小さいので目に見えず、また、味もにおいもしないので、食べているときにはわかりません。これらの多くは、人間の体温と同じくらいの35℃前後の温度と水分を好んで増加するため、特に夏場に食中毒(しょくちゅうどく)が多くなります。

 また、細菌(さいきん)やウィルスの他には、フグ(どく)、キノコ(どく)のような天然毒(てんねんどく)有毒化学物質(ゆうどくかがくぶっしつ)が原因となる食中毒(しょくちゅうどく)もあります。

 検査では、こういった細菌(さいきん)がお腹の中にいないか調べるために、検便(けんべん)をして、便(べん)の中にいる病原体(びょうげんたい)について調べています。

飲み水などの水質検査(すいしつけんさ)について

水質検査(すいしつけんさ)のイメージ写真です
水質検査(すいしつけんさ)のイメージ写真

 飲み水、プールの水、公衆浴場(こうしゅうよくじょう)(お風呂屋さん)などの水の検査をしています。

飲み水などの水質検査(すいしつけんさ)とは?

 水は、見た目は透明(とうめい)でもいろいろな物質(ぶっしつ)()()んでいます。

 飲み水には、国が決めた基準(きじゅん)があり、どんなものがどれくらい()けていてもかまわないか細かく決められています。 これによって安全に水を飲むことができます。

どうして検査(けんさ)をするの?

 松山市の水道水は公営企業局(こうえいきぎょうきょく)が水の管理(かんり)をしています。

 しかし、井戸水や()き水などの天然の水は管理(かんり)されていません。 これらの水を飲むためには、どんなものがどのくらいの量、水に()けこんでいるかを検査(けんさ)して、安全かどうか調べる必要があります。

こんな検査(けんさ)もしているよ

 公衆浴場(こうしゅうよくじょう)といったお風呂屋さんの水やプールの水も検査(けんさ)しています。
 泳いだり、入浴した時に身体がかゆくなったり、目がいたくなったり、体調をくずしたりするような水ではいけません。
 そのため、国で決められた基準(きじゅん)に合格しているかどうか調べ、みんなが健康で安全に泳いだり、お風呂につかったりできるような水かどうか調べています。

食品の衛生検査(えいせいけんさ)について

食品検査(しょくひんけんさ)のイメージ写真です
食品検査(しょくひんけんさ)のイメージ写真

 食べ物の中の細菌(さいきん)検査(けんさ)をしたり、食べ物に入っている化学物質(かがくぶっしつ)について検査(けんさ)をしています。

食品の衛生検査(えいせいけんさ)とは?

 食品の衛生検査(えいせいけんさ)では、みんなの食べ物が安全かどうかを調べています。

 2つの分野があり、1つは細菌(さいきん)検査(けんさ)、もう1つは理化学(りかがく)検査(けんさ)となっています。

細菌検査(さいきんけんさ)ではこんなことを調べます

 みんなの周りには目に見えない細菌(さいきん)がたくさん存在します。
 これらの細菌(さいきん)には、みんなに何もしない(きん)、良いことをする(きん)、悪い事をする(きん)がいます。

 もし、悪い事をする(きん)の付いた食べ物を食べるとお腹が痛くなったり、下痢(げり)をしたり、食べたものをもどしたり、熱がでたりして、みんなの健康に害を与えます。

 細菌(さいきん)検査(けんさ)では、そういった細菌(さいきん)が食べ物にいないかどうか、またどれくらいいるかを調べています。

理化学(りかがく)検査(けんさ)ではこんなことを調べます

 化学物質(かがくぶっしつ)にはいろいろな種類があります。

  •  おいしく食べるために使っているもの

 食べ物に加えてもっと甘くしたり、おいしそうな香りを付けたり、あざやかな色を()けたり、長持ちさせたりできるものがあります。

 これらをまとめて食品添加物(しょくひんてんかぶつ)といいます。

 検査(けんさ)ではこれらの添加物(てんかぶつ)が正しく使われているか調べています。

  •  虫などから食べ物を守るもの

 野菜などを作る時に農家の人たちが使う殺虫剤(さっちゅうざい)除草剤(じょそうざい)といった農薬(のうやく)化学物質(かがくぶっしつ)です。

 きれいな野菜を作るために農薬(のうやく)は大きな役割(やくわり)を果たしています。

 しかし、農薬(のうやく)は人間にとっても害があります。
 そのため、これらの物質が健康に害を与えるほど残っていないか調べています。

お問い合わせ

衛生検査課(感染症検査・食中毒検査・水質検査担当)
〒790−0813 愛媛県松山市萱町六丁目30−5 松山市保健所消防合同庁舎 4階
電話:089-911-1824
ファクス:089-923-6627
E-mail:eiseikensa@city.matsuyama.ehime.jp

衛生検査センター(食品等検査担当)
〒791−8041 愛媛県松山市北吉田町77−84
電話:089-952-0602
ファクス:089-951-4991
E-mail:eiseikensa@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.