このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 観光・イベント の中の イベント情報一覧 の中の 文化・芸術・スポーツ・観光 の中の 発掘へんろ展「四国の風土の暮らし〜山から四国を眺めてみた〜」を開催します(松山市考古館) のページです。

本文ここから

発掘へんろ展「四国の風土の暮らし〜山から四国を眺めてみた〜」を開催します(松山市考古館)

更新日:2021年6月7日

イベントカレンダー

令和3年度発掘へんろ展 「四国の風土と暮らし 〜山から四国を眺めてみた〜」

四国の5つの埋蔵文化財センター共同で開催する企画展「発掘へんろ」。

今年度は長い歴史の中で「山」とともに歩んできた四国の人々の暮らしを、「山の恵み」「信仰」「交流」の3つのキーワードから考えます。

面積の約75%を山地が占める四国は、食料や資材の多くを山から得てきました。遺跡から出土する石器の素材のほか、炭を焼いた遺構も確認されています。愛媛県、高知県境の山稜では、のちの松山街道に先行して、縄文時代の終わりには既に人々が行き交った痕跡が見つかっています。このほか山は、信仰の対象、また場所として、山岳寺院なども建てられました。

四国各県の貴重な資料から、古代の山の暮らしに思いを馳せてみてください。

会場

松山市考古館 特別展示室(松山総合公園内・松山市南斎院町乙67番地6)

会期

令和3年6月1日(火曜日)〜令和3年7月4日(日曜日)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合翌日に振替)

開館時間

午前9時〜午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)

観覧料・聴講料

無料

会期中のイベント

講演会・展示解説会ともに事前申し込みが必要です。
申込方法など詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市考古館ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

講演会

7月4日(日曜日)午後1時30分〜午後3時30分
「四国の山陵・山間に展開した弥生人について」
・柴田 昌児 先生 (愛媛大学埋蔵文化財調査室長・教授)

展示解説会

6月26日(土曜日)午後1時30分〜午後3時
・沖野 実 [(公財)愛媛県埋蔵文化財センター調査員]
・松山市考古館学芸員

その他

発掘へんろ展の内容は、6月1日現在のものです。
新型コロナウイルス感染症予防対策のために、急遽、中止、延期、内容変更等になる場合があります。何卒ご了承ください。
詳しい実施状況については、松山市考古館まで直接お問い合わせください。

お問い合わせ

松山市考古館
〒791-8032
愛媛県松山市南斎院町乙67番地6
電話:089-923-8777
E-mail:koukokan@cul-spo.or.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.