このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成26年度 の中の 2014年6月 の中の 「伊予弁おしゃべり自販機」開発に伴いダイドードリンコ役員が市長を表敬訪問します のページです。

本文ここから

「伊予弁おしゃべり自販機」開発に伴いダイドードリンコ役員が市長を表敬訪問します

更新日:2014年6月12日

発表内容

目的

 本市では、昨年に松山商工会議所と協働で「おもてなし日本一のまち宣言」をしました。 
 そのような中、今年は「瀬戸内海国立公園指定80周年」、「道後温泉本館改築120周年」、「四国八十八ケ所霊場開創1200年」という3つの周年が重なる、絶好の機会を迎えました。また、2017年にはえひめ国体、2020年には東京オリンピック・パラリンピックの開催を控えるなど、3年ごとに大きな節目を迎えます。
 そこで、増加が予想される観光客への歓迎ムードを高めるため「おもてなし日本一のまち」へ向け、官民協働による様々なおもてなし施策に取り組んでおります。
 今回、自販機からも「おもてなし」をコンセプトとして、松山市、ダイドードリンコ株式会社の共同企画、松山商工会議所の協力による松山にしかない、松山満載の「伊予弁おしゃべり自販機」の開発に伴い、ダイドードリンコ(株)の執行役員が、松山市長を表敬訪問します。
 なお、自治体とメーカーによる自販機共同開発は、全国で例がありません。

日時

平成26年6月18日(水曜日)14:20〜14:35

場所

松山市役所本館3階 市長応接室

対応者

松山市長 野志 克仁

来訪者

ダイドードリンコ株式会社 自販機営業本部副本部長営業企画部長 笠井 勝司
西日本第一営業部 部長 須藤 敦紀
西日本営業部高松オフィス 課長 高松 徳志
西日本営業部四国エリア開発担当アシスタントマネージャー 森田 忠良
松山城ロープウェイ乗務員 山岡 優衣(音声担当)

自販機の特徴

・自販機から聞こえるほのぼの伊予弁!!(44パターン、音声は松山城ロープウェイ乗務員)商品選択ボタンを押すと、水軍太鼓が鳴る
・松山ならではのオリジナルデザイン。全国初、道後温泉正面玄関屋根立体トッパー装着
 大還暦を迎えた道後温泉本館をメインに、側面に松山城、坊っちゃん列車、おもてなし日本一のまち松山のロゴを配置
・当たり景品は松山のええもん(道後温泉入浴剤、よしあきくん缶バッチ、みかん石鹸など)
・「スマイル松山ハイク&安心ナビ」アプリQRコードをラッピング。松山の観光・災害情報GET!
         

設置場所・台数

松山城・二之丸史跡庭園・鹿島渡船所・松山総合公園など市有施設に、合計9台設置

第1号機設置セレモニー

日時:7月5日(土曜日)11:45〜
場所:松山城本丸広場(雨天時はロープウェイ駅舎2階交流ホール)
内容:伊予弁おしゃべり自販機除幕式、伊予弁の音声や当たり景品の紹介など
※詳細については、後日報道資料にて連絡します。

お問い合わせ

課名:観光・国際交流課
所在地:〒790-0931 愛媛県松山市二番町四丁目7−2
課長:上田 陽一郎
担当執行リーダー:金森 和久
電話:089-948-6556
E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2014年6月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.