このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成25年度 の中の 2014年2月 の中の 林家三平・国分佐智子さん夫妻を一嘗三嘆・松山めで鯛使(大使)に任命します のページです。

本文ここから

林家三平・国分佐智子さん夫妻を一嘗三嘆・松山めで鯛使(大使)に任命します

更新日:2014年2月20日

発表内容

概要

 平成24年10月24日に東京都台東区根岸の子規庵で実施した一嘗三嘆・鯛料理のお披露目会において、当地の名士であり、正岡子規さんを尊敬し、愛し続ける林家三平さん・国分佐智子さん夫妻による松山産・天然真鯛の紹介をしていただきました。その際に、「子規さんは一嘗三嘆ですが、佐智子は一生三平です。」と発していただいた言葉が、参加者やマスコミ関係者から大好評を博し、大成功を収めました。
 そこで、今回は、多くの市民が集まる「三津の朝市・旬・鮮・味まつり」にお招きし、松山めで鯛使(大使)として任命するとともに、その言葉をキャッチフレーズに使った夫妻と鯛のポスターを作成し、市民や観光客の集まる施設などに掲示することで、松山の鯛をはじめとする瀬戸の小魚の継続的なイメージアップを図ります。
 また、道後温泉や松山城など市内4施設の利用が無料になる特典付きの名刺も贈呈し、夫妻が今後、全国で活躍される際に、1人でも多くの方々に名刺を配って頂き、松山の知名度向上や観光客の増加に向けてご協力いただきます。

日時

平成26年3月1日(土曜日)10:30〜11:00

場所

松山市公設水産地方卸売市場(松山市三津ふ頭1−2)

主催・協力者

主催:松山市、協力:松山市水産市場運営協議会

内容

  1. 主催者挨拶(松山市長 野志克仁、松山市水産市場運営協議会 会長 坂本卓)
  2. 任命書の交付
  3. 啓発グッズの贈呈
  4. 鯛使(大使)就任挨拶
  5. 天然鯛・農林水産ブランド(せとか)の贈呈
  6. 天然鯛の試食
  7. 啓発ポスターのお披露目

その他

  1. 鯛(刺身)の試食配布
  2. 餅まき

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市場管理課
〒791-8060  愛媛県松山市三津ふ頭1番地2
課長:庄司 求
担当執行リーダー:乘松 洋一郎
電話:089-951-2311
E-mail:sijou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2014年2月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.