このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成25年度 の中の 2013年10月 の中の 「道後オンセナート2014」 キックオフ・シンポジウム「うぶ湯SYMPOSIUM」を開催します のページです。

本文ここから

「道後オンセナート2014」 キックオフ・シンポジウム「うぶ湯SYMPOSIUM」を開催します

更新日:2013年10月4日

発表内容

 道後温泉本館改築120周年を機に開催される「道後オンセナート2014」のプレオープンに先駆け、プレイベントとして、事業の紹介や参加アーティストによるプレゼンテーションを行います。
 また、今回の事業の大きな特徴として、地元グループと著名なプロダクションが融合して、持続可能なコミュニティを形成する取り組みをします。そのため「道後オンセナート2014」のブランディングと運営はこれからを担う地元クリエイターとNPOが担当。アーティストと地元と観光客が混ざり合う、会期後も連綿と続く発展的な取り組みについてプレゼンテーションを行います。
 なお、本シンポジウム当日には、スローファクトリーin道後「ゆだまん公開制作ワークショップ」も行います。

日時(場所)

  • スローファクトリーin道後「ゆだまん公開制作ワークショップ」

 平成25年10月10日(木曜日)12:30〜14:30(子規記念博物館 4階和室)

  • キックオフシンポジウム「うぶ湯SYMPOSIUM」

 平成25年10月10日(木曜日)15:00〜16:30(子規記念博物館 4階講堂)
 ※開場は14:30から

スローファクトリーin道後「ゆだまん公開制作ワークショップ」

〇スローファクトリーin道後について
 「SLOW FACTORY(スローファクトリー)」とは、「道後オンセナート2014」の総合プロデュースを行うスパイラル/株式会社ワコールアートセンターが展開する、手作り雑貨ブランド「SLOW LABEL(スローレーベル)」が行うプロジェクトです。誰もが楽しく生産活動に参加でき、その手から生まれる個性や表情から一点もののプロダクトとして商品を製作・購入できる取り組みを、展覧会やワークショップなど様々な方法でご紹介しています。
 今回の「道後オンセナート2014」に際し、道後商店街とSLOW LABELが協働し、道後温泉周辺のあらゆる場所で目にするモチーフ「湯玉」をかたどったキャラクター「ゆだまん」を開発。今後はグッズ販売などの展開を視野に入れ、道後商店街の新しい名物づくりに取り組みます。

〇ゆだまん公開制作ワークショップについて
 湯玉をモチーフとした道後商店街の新しいキャラクター「ゆだまん」をお披露目。本ワークショップでは、「ゆだまん」のプロモーションムービーをクレイ(粘土)アニメーションで制作する過程を公開いたします。参加者は道後商店街、商店主の皆さん。紙粘土製の「ゆだまん」のボディに色付けをし、それぞれが顔を描き入れる作業を行います。ワークショップ終了後、「ゆだまん」を街に連れ出して撮影を実施します。
※完成したプロモーションムービーは12月24日の「道後オンセナート2014」プレオープンに合わせ、一般公開します。
講師:信耕ミミ

キックオフシンポジウム「うぶ湯SYMPOSIUM」実施内容

1.関係者挨拶
 道後温泉本館改築120周年記念事業実行委員会 委員長 甲斐朋香
2.来賓挨拶
 松山市長 野志克仁
3.「道後オンセナート2014」事業紹介
 (プレゼンテーター)
 スパイラル/株式会社ワコールアートセンター チーフプランナー  松田朋春
4.アーティストによるプレゼンテーション
 (進行)
 スパイラル/株式会社ワコールアートセンター チーフキュレーター 岡田 勉
 (プレゼンテーター)五十音順

  • 石本藤雄「Hotel Horizontal」
  • 栗栖良依「SLOW FACTORY in 道後」
  • 月岡彩「地元プロジェクト/ツッキーツアーズ」
  • ひびのこづえ「アートパレード(LIVE BONE)」
  • 矢内原充志「オンセナートユニフォーム」
  • ライゾマティクス(真鍋大度)「本館プロジェクト」

5.特別座談会「まちづくりとアートの最先端へ」
 (登壇者)

  • 道後温泉本館改築120周年記念事業実行委員会委員長 甲斐朋香
  • スパイラル/株式会社ワコールアートセンター チーフプランナー  松田朋春
  • 道後アートプロジェクト 松波 雄大

その他

 日本最古の歴史を誇る「道後温泉」は、明治27年に道後湯之町初代町長の伊佐庭如矢により、三層楼の道後温泉本館に改築され、平成26年(2014年)4月10日に120周年の大還暦を迎えます。そこで、「最古にして最先端。温泉アートエンタテイメント。」をテーマに、国際芸術祭「道後オンセナート2014」を開催します。
 「オンセナート」とは、”温泉”と”アート”を組み合わせた造語で、会場は、道後温泉本館だけでなく、道後駅周辺、道後公園、商店街など道後地域全体です。

 グランドオープンの2014年4月10日から、道後温泉本館は気鋭のメディアアーティストによってアート作品へと変貌。また、泊まれるアート作品群「Hotel Horizontal」や道後の街角に影絵を設置する「道後夜話」などの体験型アートを点在させ、昼も夜もまちを巡りながら道後エリアの魅力を最大限に味わえるのが特徴です。草間彌生さんをはじめ国内外の50組程度のアーティストが道後を彩ります。
 2013年12月24日からは、プレオープンとして一部アートプログラムが開始します。

■「道後オンセナート2014」 会期等 
・プレイベント    平成25年(2013年)10月10日(木曜日)
・プレオープン    平成25年(2013年)12月24日(火曜日)〜
             ※一部アートプログラムの開始
・グランドオープン 平成26年(2014年) 4月10日(木曜日)〜
・フィナーレ     平成26年(2014年)12月31日(水曜日)

主催者

道後温泉本館改築120周年記念事業実行委員会

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

道後温泉本館改築120周年記念事業実行委員会事務局(道後温泉事務所内)
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5番6号
課長:中矢 博司
担当執行リーダー:佐伯 文男
電話:089-921-6464
E-mail:dogoonsenart@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2013年10月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.