このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成24年度 の中の 2012年8月 の中の 住宅用火災警報器の設置促進活動として横断幕を設置します のページです。

本文ここから

住宅用火災警報器の設置促進活動として横断幕を設置します

更新日:2012年8月6日

発表内容

内容

 この度、総務省消防庁が全国の消防本部等(地域別)の住宅用火災警報器の推計設置率(平成24年6月時点)を発表したことに伴い、本市住宅用火災警報器の更なる設置促進を図るため、現在新築工事中のフジ本町店西側壁面に啓発用の横断幕を設置するものです。

日時

平成24年8月13日(月曜日)9時30分から10時30分

場所

質 疑 応 答 : 松山市消防局 4階 会議室(本町6丁目6−1)
横断幕の取付 : フジ本町店建設現場工事用仮囲い西側壁面 (本町6丁目5−1)

主催者

松山市消防局

タイムスケジュール

内容
時間 内容
9:30〜10:00 本市住宅用火災警報器の設置率の推移や今後の取り組み等に関する質疑応答
10:00〜10:30 消防職員による横断幕の取付け

その他

(1)住宅用火災警報器について
  平成15年に住宅火災による死者数が1,000人を超え、これらの死者の約6割が逃げ遅れによるものであるとともに、今後の高齢社会の進展に伴い、更に増加することが危惧されたことから、平成16年に消防法の一部が改正され、住宅用火災警報器の設置が義務付けられた。
 本市においても、平成17年12月に松山市火災予防条例を改正し、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が必要となった。
 しかし、既存の住宅については、平成23年5月末日まで猶予があり、平成23年6月から完全に義務化となったものである。

  •  新築の住宅:平成18年6月から施行
  •  既存の住宅:平成23年6月から施行
(2)設置率一覧
  推計設置率(24年6月現在) 推計設置率(23年6月現在) 伸率
松山市 71.7% 58.1% 13.6
愛媛県平均 69.8% 54.2% 15.6
全国平均 77.5% 71.1% 6.4

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

課名   (消)予防課
所在地  松山市本町六丁目6-1
課長:   坂田 憲一郎
担当執行リーダー:菅  直 樹
電話:   089-926-9245
E-mail:  sbyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2012年8月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.