このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2021年7月 の中の 愛媛県内消防本部で初めて整備した「消防用給油施設」で運用開始式と運用訓練を実施します のページです。

本文ここから

愛媛県内消防本部で初めて整備した「消防用給油施設」で運用開始式と運用訓練を実施します

更新日:2021年7月21日

発表内容


完成写真

目的

大規模災害時の消防体制を強化するため、愛媛県内の消防本部で初めて、中央消防署城北支署と南消防署東部支署に「消防用給油施設」を整備しました。
災害などが発生した時、民間のガソリンスタンドで給油できない場合でも、消防車両に燃料を補給でき、発災直後の混乱期に、安定した消防活動が行えます。
運用開始に合わせ、開始式と訓練を実施します。


タンク吊り込み工事写真

運用開始

令和3年8月2日(月曜日) 午前10時30分

運用開始式・訓練

令和3年8月2日(月曜日)
午前10時00分から午前10時30分まで
※少雨決行です。荒天時や災害発生時などは変更する場合があります。

場所

中央消防署城北支署 (松山市馬木町2227)

参加者

消防局長、消防局次長、中央消防署長、中央消防署員ほか計20名程度


給油写真

内容

1 運用開始式 消防局長訓示
2 運用訓練
  (1) 給油施設で救助工作車へ給油
  (2) 高度救助隊が倒壊建物から要救助者を救出
  (3) 給油施設で燃料補給車(総務省消防庁無償使用車両)へ給油
  (4) 燃料補給車から救助工作車へ給油
3 記念撮影

消防用給油施設概要

1 整備場所(2カ所)
  (1)中央消防署城北支署 (馬木町2227)
  (2)南消防署東部支署 (平井町甲3280-7)
2 燃料備蓄容量
  30,000リットル(それぞれ15,000リットル)

報道機関の皆さんへのお願い

駐車場スペースに限りがあります。駐車場が必要な場合は、事前にお知らせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務課
所在地:〒790-0811 松山市本町六丁目6番地1
課長:西岡 克仁
担当執行リーダー:二村 浩昭
電話:089-926-9213
E-mail:sbsoumu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2021年7月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.