このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2021年3月 の中の 女性消防団員や女性防災士の皆さんと作った「まつやま子育て防災ブック」が完成しました のページです。

本文ここから

女性消防団員や女性防災士の皆さんと作った「まつやま子育て防災ブック」が完成しました

更新日:2021年3月16日

発表内容


「まつやま子育て防災ブック」作成の様子

概要

近年、大規模な自然災害が全国で毎年のように発生しているほか、南海トラフ巨大地震の発生も間近に危惧されています。
過去の災害では、小さな子どもや小さなこどもがいる家庭が困難な場面に合うこともありました。
そこで、松山市で活躍する女性消防団員や女性防災士の皆さんと一緒に、子育て世代に向けた防災冊子「まつやま子育て防災ブック」を作成しました。
このハンドブックは、地震や風水害への基本的な備えや家庭での備蓄、子育て中の家庭で役立つ防災知識などを1冊にまとめています。
また、松山市で行った子育て世代への防災意識アンケートの結果をはじめ、女性消防団員や女性防災士の皆さんが日頃の防災活動を通じて考えた防災アイデアを盛り込むなど、本市独自の内容です。
今後、家庭や地域で防災対策に役立てていきます。

発行日

令和3年3月16日(火曜日)

冊子の内容


まつやま子育て防災ブック

■冊子のサイズ
A5サイズ、20ページ (全ページカラー)

■目次
表紙
子育て世代の防災意識調査結果 (2〜3ページ)
地震から身を守る (4〜5ページ)
風水害から身を守る (6ページ)
避難所での過ごし方 (7ページ)
お家の安全対策 (8〜9ページ)
家庭での備蓄 (10〜13ページ)
ひと工夫!日用品を災害時に活用 (14ページ)
災害時のトイレ (15ページ)
応急手当の方法 (16〜17ページ)
災害時のこころのケア (18ページ)
被災後も生活は続きます、今日からできること (19ページ)
今すぐ確認!わたしにできること (裏表紙)

配布場所

松山市総合政策部 防災・危機管理課 (松山市役所本館5階)
市内児童館、子育てひろば など

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

課名:松山市総合政策部防災・危機管理課
所在地:松山市二番町四丁目7-2
市民防災担当課長:藤本 康信
担当執行リーダー:芝 大輔
電話:089−948−6795
E-mail: jisyubou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

2021年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.