このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2021年2月 の中の 令和2年度 冬季子規塾を開講します のページです。

本文ここから

令和2年度 冬季子規塾を開講します

更新日:2021年2月19日

発表内容

目的

 子規塾は、研究者が子規や文学について研究した先端の成果を広く市民の皆さんに聴講していただく講座です。
 冬季子規塾で、神奈川大学名誉教授の復本 一郎氏を迎え、「明治26年の子規−その芭蕉観−」を講演いただきます。子規が蕪村の俳句に傾倒していった背景を、明治26年の子規の行動や子規の芭蕉観から解説します。

日時

令和3年2月28日(日曜日) 午後2時から午後3時30分

場所

子規記念博物館 4階講堂


昨年度の様子

内容

演題 : 「明治26年の子規−その芭蕉観−」

講師 : 復本 一郎(ふくもと いちろう)氏
 宇和島市生まれ。早稲田大学卒業。文学博士。
 現在、神奈川大学名誉教授。
 俳句グループ「阿」代表。第18回現代俳句大賞受賞。
 著書に「正岡子規人生のことば」「子規紀行文集」など。

申込

【締切】 令和3年2月28日(日曜日) 午後2時
【定員】 120名 ※先着順、無料です。新型コロナウイルス感染防止のため定員を減らしています。
【方法】 (1)氏名(ふりがな) (2)電話番号を明記し、来館または電話、FAX、メールで申し込んでください。
【申込先】 松山市立子規記念博物館 (松山市道後公園1-30)
       電話:089-931-5566  FAX:089-934-3416  Eメール: sikihaku@lesp.co.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
館長:河野 直充
担当執行リーダー:大内 平臣
電話:089-931-5566
E-mail: sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2021年2月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.