このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2021年1月 の中の 道後温泉の魅力を紹介するまち歩き「道後 刻めぐり」の動画やリーフレットを制作しました のページです。

本文ここから

道後温泉の魅力を紹介するまち歩き「道後 刻めぐり」の動画やリーフレットを制作しました

更新日:2021年1月28日

発表内容

目的

道後 刻めぐり サムネイル画像
動画「道後 刻めぐり」

 道後温泉地区では、1日に3回、時間を知らせる道後温泉本館の刻太鼓にちなみ、「時間」をテーマにした新しいまち歩き「道後 刻(とき)めぐり」を提案しています。異なる時間帯や四季の移ろいをはじめ、受け継がれた風土などさまざまな道後温泉の魅力を味わえます。

 その紹介動画「道後 刻めぐり」を制作しました。動画は観光施設への行き方や楽しみ方をイメージできる内容で、道後温泉地区の回遊性を高めます。

 ガイドマップは、5つの旅のシーン別で「朝湯さんぽ」「夕焼けさんぽ」「夜景さんぽ」「自然さんぽ」「2回目さんぽ」があり、それぞれのまち歩きを紹介しています。また動画制作に合わせて、新しく概要版リーフレットを作りました。手に持って道後をまち歩きしたり、SNSで発信したり便利です。

 合わせて道後温泉公式サイトで、観光スポットの情報などを充実します。周辺観光スポットや授乳室、松山フリーWi-Fiなどのまち歩きに役立つ情報を追加し、道後温泉までの行き方や駐車場、駐輪場情報をリニューアルします。グーグルマップを使い、利便性を高め、道後温泉地区へのアクセス情報を発信します。

公開日時

令和3年1月29日(金曜日) 午前10時00分〜

内容

(1)動画「道後 刻めぐり」 (総集編 : 1 、施設別 : 6) 

vol.0
総集編

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉や椿の湯で外湯(公衆浴場)文化に触れ、浴衣姿でそぞろ歩きを楽しみ、寺社仏閣をめぐり、自然や源泉を五感で感じる、道後温泉でのまち歩きの魅力を紹介します。(1分)

vol.1
道後温泉別館
飛鳥乃湯泉編

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉は、飛鳥時代の建築様式を取り入れています。また、内装は愛媛の伝統工芸とアートのコラボレーションにより演出され、美術館さながらです。湯上りに浴衣姿でお茶とお茶菓子をいただく、道後温泉の伝統的なおもてなしを紹介します。(1分30秒)

vol.2
道後温泉
椿の湯編

椿の湯は地元の人に愛されている「まちの湯」です。アットホームな空間で、疲れを癒す、のんびりした過ごし方を提案します。(1分)

vol.3
道後温泉
第4分湯場編

道後温泉のお湯は、温度の異なる18の源泉を混ぜ合わせて温度を調節する、加温や加水をしていない源泉かけ流しが特徴です。その源泉が貯湯槽に落ちる様子を第4分湯場で見学したり、路地散歩を楽しんだり、少しディープなまち歩きを提案します。(1分)

vol.4
道後温泉
空の散歩道編

道後温泉 空の散歩道で足湯に浸りながら、道後のまちを眺め、夕焼けに染まりライトアップで様変わりする幻想的な景色と時間の移ろいを楽しむまち歩きを提案します。(1分)

vol.5
坊っちゃん
カラクリ時計編

定番の坊っちゃんカラクリ時計に加え、円満寺や宝厳寺での開運めぐり、夜の情緒ある風景など、道後温泉ならではのまち歩きを提案します。(1分)

vol.6
道後公園編

道後公園で日本の四季や自然を満喫するほか、武家屋敷や子規記念博物館で、道後温泉の歴史や文化を感じるまち歩きを提案します。(1分)

【公開場所】
●インターネット配信 : 道後温泉公式サイト
●道後温泉地区のサイン : まつやま道しるべマップ5カ所、紹介施設など7カ所


まつやま道しるべマップ


QRコードから動画を視聴できます

(2)「道後 刻めぐり」リーフレット
【目的】
●市内中心部から道後温泉地区でまち歩きを楽しめるよう、旅行シーンに合わせて5つのコースを紹介する「道後 刻めぐり」ガイドマップの概要版です。
【内容】
●SNSで情報を発信してもらうため、写真が主体です。
●松山空港やJR松山駅、観光案内所、市内ホテルなどで配ります。
●1枚で5言語(日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語)に対応しています。

「道後 刻めぐり」ガイドマップ (概要版 : 1、旅行シーン別 : 5)

道後 刻めぐり
【概要版】
#0 道後さんぽ

「時間」をテーマにした道後まち歩きのルート#1〜#5の概要版です。

#1
朝湯さんぽ

道後のまちは朝6時に打ち鳴らされる刻太鼓で目覚めます。湯のまちの朝を歩いて朝湯に行くコースです。

#2
夕焼けさんぽ

山裾に広がる道後のまちではいくつもの高台から美しい夕日が見られます。夕暮れ時のドラマチックな風景をめぐります。

#3
夜景さんぽ

浴衣を着て、商店街で買い物をしたり、ライトアップやプロジェクションマッピングなどの光の演出を楽しんだり、温泉情緒あふれる道後の夜を堪能できます。

#4
自然さんぽ

道後のまちの南には自然散策にうってつけの道後公園が、東の緑豊かな山裾には寺社仏閣が佇んでいます。美しい日本の四季が味わえます。

#5
2回目のさんぽ

お湯の秘密や土地の記憶など、好奇心を満たすまち歩きのコースです。

(3)道後温泉公式サイトでの情報発信の充実

対応するページ

観光情報、動画一覧、アクセス

発信する情報

●周辺観光スポットや授乳室、松山フリーWi-Fiなどのまち歩きに役立つ情報

●動画

●交通アクセス、駐車場・駐輪場情報

対応する言語

日本語、英語、中国語(簡体語、繁体語)、韓国語

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。道後温泉公式サイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://dogo.jp(外部サイト)) ※令和3年1月29日(金曜日) 午前10時00分に更新します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

道後温泉事務所
愛媛県松山市道後湯之町5−6
課長:山下 勝義
担当執行リーダー:白川 剛士
電話:089-921-0101
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2021年1月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.