このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2020年10月 の中の 令和2年度第1回 松山愛郷会youthミーティングを開催します のページです。

本文ここから

令和2年度第1回 松山愛郷会youthミーティングを開催します

更新日:2020年10月6日

発表内容

目的


昨年度のミーティングの様子

 松山愛郷会youthは、首都圏に在住する松山出身の学生が中心となって平成28年7月に立ち上げた組織です。松山のまちづくりについて考え、話し合いをしています。
 今年度はコロナ禍で、大学でのオンライン授業や企業でのテレワークの導入が進み、新しい生活様式が広がる中、テレワークの可能性に着眼します。「テレワークによる東京一極集中の抑制〜テレワークを活用した地方創生の可能性〜」をテーマに、10月と11月に新型コロナウイルス感染症の予防に配慮し、youthミーティングを初めてオンラインで開催します。
 第1回ミーティングでは、テレワークの先進企業であるサイボウズ株式会社の竹内 義晴氏から新潟に住みながらテレワークで働く実体験を紹介していただき、「松山に住みながら、首都圏の企業で働ける」新しい可能性を一緒に考えます。
 その後、メンバー同士で意見をまとめ、11月の第2回ミーティングで本市の人口減少対策や地方創生を進展させるよう、若者目線で考えた「テレワークを活用した新たな可能性」を市長に提言します。

日時

令和2年10月22日(木曜日) 19時00分〜20時30分

場所

Web会議システム「Zoom」を使用し、オンラインで開催します。
●東京事務所 (東京都千代田区平河町二丁目4-1 日本都市センター会館11階) 【参加:職員】
●松山市役所 (本館 5階本部会議室) 【参加:総合政策部地方創生戦略推進官、職員】
●各職場または自宅 【参加:サイボウズ株式会社 竹内 義晴氏、松山愛郷会youthメンバー、職員】

参加者と人数

●サイボウズ株式会社 ビジネスマーケティング本部コーポレートブランディング部・
 チームワーク総研 事業開発部所属(兼務) 竹内 義晴(たけうち よしはる)氏
●松山愛郷会youthメンバー:大学生7人、若手社会人3人 計10人程度
●松山市総合政策部地方創生戦略推進官、職員6人
合計18人程度

内容

19:00〜 開会あいさつ 東京事務所長                    【東京事務所】
19:05〜 本市の現状と東京一極集中の問題点(企画戦略課)      【5階本部会議室】
19:15〜 地方を軸に東京のサイボウズで仕事――テレワーク時代の「これからの働き方」
       サイボウズ株式会社 竹内 義晴(たけうち よしはる)氏  【職場または自宅】
19:35〜 youthメンバーのグループディスカッション             【職場または自宅】
20:15〜 各グループからの報告・まとめ                    【職場または自宅】
20:25〜 閉会あいさつ 総合政策部地方創生戦略推進官        【5階本部会議室】
※終了後にインタビュー取材できます。

松山愛郷会

 平成2年に組織され、現在会員数は約800人です。首都圏に存在する松山ゆかりの方々が、相互に親睦を深め、郷土松山と連携し、ふるさと松山の発展のために寄与されています。
 「松山愛郷会youth」は、愛郷会への若い方々の参画と、「ひとも、まちも輝く、100年後の松山」を作り上げていくため、平成28年7月に、首都圏に在住する学生などの協力で立ち上げた学生・若手社会人が対象の会です。

【松山愛郷会youthの昨年度の活動内容】
●第1回ミーティング(令和元年7月)
 ・株式会社ポニーキャニオン本社で開催
 ・道後温泉の活性化や、道後温泉本館保存修理工事を生かした観光資源化をテーマに意見交換
●第2回ミーティング(令和元年8月)
 ・夏休みの帰省を利用し、道後温泉別館 飛鳥乃湯泉で開催
 ・松山在住の大学生と一緒に道後温泉地区のまち歩きを行い、実際に発見した魅力を首都圏で効果的にPRする方法などを検討し、発表
●youthメンバーのPR活動(令和2年2月)
 ・都内で開催された道後温泉本館のPRイベントにスタッフとして参加
 ・来場者に保存修理工事中ならではの魅力を発信

報道機関の皆さんへのお願い

●オンラインで取材される場合は、メールでお知らせください。
 Zoomのアクセス先を送付します。1社につき1名です。
●東京事務所、松山市役所も取材できます。
●終了後にオンラインで参加者へのインタビューの時間を設けます。

 件名:【オンライン傍聴希望】第1回 松山愛郷会youthミーティング
 本文:氏名(ふりがな)、所属、連絡先
 送付先:tokyo@city.matsuyama.ehime.jp

お問い合わせ

課名:東京事務所
〒102-0093 東京都千代田区平河町二丁目4-1 日本都市センター会館11階
所長:渡部 広明
担当執行リーダー:藤田 晴彦
電話:03-3262-0974
E-mail:tokyo@city.matsuyama.ehime.jp

課名:企画戦略課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町4丁目7番地2
地方創生戦略推進官:高岡 伸夫
担当執行リーダー:池内 浩規
電話:089-948-6943
E-mail:jinkotaisaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年10月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.