このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2020年10月 の中の ことばのちから2020「ことばのインスタレーション」を開展します のページです。

本文ここから

ことばのちから2020「ことばのインスタレーション」を開展します

更新日:2020年10月21日

発表内容

目的

 松山市は、「ことばのちから」をキーワードにまちづくりを進めています。今年度は「想(おもい)」をテーマに、10年ぶりの「だから、ことば大募集」を実施し、「ことばを大切にするまち松山」をPRしています。
 さらに機運を盛り上げるため、令和2年10月25日(日曜日)から「ことば」をテーマにした作品「ことばのちから2020『ことばのインスタレーション』」を開展します。

ポスター

タイトルは「かえりみちをつくる」。
 ことばは声や文字からしか理解したり読んだりできないものなのか、ことばを発したり書いたりする前に、頭や心のなかにある、ことば以前の何かを、見たり想像したりすることはできるのか、ことば以前のイメージやことばの背後にある余白を、鑑賞者、参加者、アーティストが一緒に探し求めていきます。
 松山市在住の美術家 牛島光太郎さんの新作を松山市内の複数で展示するほか、関連イベントで作家の作品解説やワークショップを開催します。
 メイン作品の展示場所は三津の蔵です。蔵の歴史や、蔵を管理してきた人たちのことを作家がリサーチし、そこから作家の新しい言葉や造形物を生み出します。蔵の空間全体が作品です。
 その他の会場は、旧濱田医院、松山アーバンデザインセンターもぶるラウンジで、牛島光太郎さんがこれまで作ってきた作品や、蔵に関係するサテライト展示を行います。
 三津浜地区は、『坂の上の雲』フィールドミュージアム構想のサブセンターゾーンで、若者が集い、町家をいかした店舗を開設するなど、さまざまなまちづくりを進めています。

開展式

【日時】 令和2年10月25日(日曜日) 午前11:00〜午前11:30
【場所】 三津浜アート蔵 (松山市三津一丁目10-8)
【内容】 11:00〜 あいさつ  美術家 牛島 光太郎 ほか
      11:15〜 セレモニー、テープカット、記念撮影
      ことばのちから実行委員会 委員長 五百木 幸子 (いおき ゆきこ)
      美術家 牛島 光太郎 (うしじま こうたろう)
      三津浜地区まちづくり協議会 会長 瀬村 要二郎 (せむら ようじろう)
      13:00〜13:30、15:00〜15:30 関連イベント「作家による作品解説」※どなたでも参加できます。

ことばのちから2020「ことばのインスタレーション」

【会期】 令和2年10月25日(日曜日)〜11月29日(日曜日)※金曜日、土曜日、日曜日の11時〜17時
【会場】 三津浜アート蔵 (三津一丁目10-8)、 旧濱田医院 (松山市住吉二丁目2-20)、
松山アーバンデザインセンター(花園町四丁目9岡田ビル1階)
【料金】 無料


牛島 光太郎さん

アーティスト:牛島 光太郎(うしじま こうたろう)さん(美術家)

1978年福岡県生まれ。2017年から、松山市に在住。言葉を用いた作品を制作。日本での活動に加え、ドイツ、台湾、中国、ニューカレドニアなどで作品を発表。関西国際空港や百貨店の吹き抜け空間やショーウィンドウなど公共空間への大規模な作品設置の他、里山や市街地でのアートプロジェクトを実施。個展、グループ展多数。
2020年4月に著者『一枚物語 ちぐはぐな日々のはなし』(アリエスブックス)を出版。
2020年8月に都内のホテル「sequence MIYASHITA PARK」の客室(224室)に作品を設置。

「だから、ことば大募集」

 松山市は、正岡子規をはじめ多くの先人たちが残してくれた豊かな文学的土壌を大切に受け継ぎ、「ことば文化」をいかしながらまちづくりをしています。
 これまで、2000年と2010年に「だから、ことば大募集」を実施し、それぞれ全国から12,000点を超える多くの「ことば」が寄せられました。その中から選ばれた作品は、路面電車や松山城ロープウェイなどさまざまな場所に「街はことばのミュージアム」として展示しています。皆さんから寄せられた「ことば」を松山の宝として、ことばの魅力で街を彩り、松山を訪れた人や市民に笑顔を届けています。

【募集期間】 令和2年8月13日(木曜日)〜令和2年10月31日(土曜日)
【テーマ】   想(おもい) 

主催など

主催:松山市、ことばのちから実行委員会 企画協力:松山ブンカ・ラボ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

課名:文化・ことば課
所在地:愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
課長:石橋 美幸
担当執行リーダー:冨田 真次
電話:089-948-6952
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年10月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.