このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2020年10月 の中の 「中核市サミット2020in倉敷」に出席し、松山市長が次回開催市あいさつを行います のページです。

本文ここから

「中核市サミット2020in倉敷」に出席し、松山市長が次回開催市あいさつを行います

更新日:2020年10月22日

発表内容

目的

 中核市サミットでは、地方分権を進め中核市制度を充実強化するため、毎年、中核市の市長が集まり、地域の活性化やまちづくりなどテーマに沿って議論し、その内容を全国に発信しています。
 次の令和3年度中核市サミットの開催地は松山市です。「中核市サミット2020in倉敷」に出席し、松山市長が次回開催市あいさつを行います。

日時

 令和2年10月29日(木曜日) 13:30〜17:45 中核市サミット、次回開催市あいさつ
 令和2年10月30日(金曜日)  9:00〜11:00 中核市市長会議 ほか

場所

 倉敷アイビースクエア (岡山県倉敷市本町7-2) 

参加者と人数

 中核市市長、副市長、中核市市議会議員、市民など 400名程度

内容

●令和2年10月29日(木曜日)
13:30〜14:00  中核市サミット 開会式
             主催者歓迎あいさつ  中核市市長会会長(豊田市長) 太田 稔彦
             開催市歓迎あいさつ  開催市長(倉敷市長) 伊東 香織 
             来賓祝辞、講師・来賓紹介
14:05〜15:05  基調講演
             『頻発・激甚化する災害から「生き抜く」ために』 
             東京大学大学院情報学環特任教授・日本災害情報学会会長 片田 敏孝 氏
15:20〜16:40  パネルディスカッション
             第1会場『災害から「生き抜く」ためのまちづくり』
             第2会場『コロナに「打ち勝つ」観光文化のまちづくり』
16:55〜17:45  全体会議・閉会式     
             パネルディスカッションの報告・サミット宣言
             次回開催市あいさつ 松山市長 野志 克仁
             閉会あいさつ 中核市市長会副会長(高槻市長) 濱田 剛史

●令和2年10月30日(金曜日)
9:00〜10:30   中核市市長会議
10:40〜11:00  記者会見(役員市長、開催市長)

その他

 取材を希望される場合は、令和2年10月26日(月曜日)17時までに、報告様式に必要事項を記入し、中核市市長会東京事務所へ申し込んでください。

主催者

 中核市市長会、倉敷市

お問い合わせ

課名:企画戦略課
所在地:松山市二番町4丁目7番地2
課長:田中 健太郎
担当執行リーダー:徳永 謙哉
電話:089-948-6213
FAX:089-934-1804
E-mail:kikaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年10月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.