このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2020年9月 の中の 子規記念博物館 常設展示室特集コーナー「松山ゆかりの文人たちの日記」を開催します のページです。

本文ここから

子規記念博物館 常設展示室特集コーナー「松山ゆかりの文人たちの日記」を開催します

更新日:2020年9月23日

発表内容

主旨

 子規記念博物館の常設展示室3階「特集コーナー」で、松山ゆかりの文人たちが記した「日記」にスポットをあてた展示を開催します。
 文人たちにとって、日記は大変身近な存在でした。当時の日記は、主に自身の行動を記録するために書かれることが大半で、日々の出来事、自身の病状、旅行した時に見聞したことなどが、彼らの言葉でありのままにつづられています。文人たちの日記は彼らの生きた姿を今に伝える、大変魅力的なものです。
 今回の特集コーナーでは、正岡子規や高浜虚子、種田山頭火などの日記を関連する資料と合わせて展示し、文人たちの日記の魅力に迫ります。

展示会期

令和2年9月30日(水曜日)から令和3年5月24日(月曜日)まで

会場

松山市立子規記念博物館 3階常設展示室 特集コーナー


高浜虚子筆「渡仏日記」草稿

観覧料

常設展の観覧券が必要です。
(個人400円、団体320円、65歳以上200円、小中高校生無料)

主な展示資料

・子規筆日記(明治35年1月27日〜29日)
・柳原極堂筆日記
・高浜虚子筆「渡仏日記」草稿   ほか

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
館長:河野 直充
担当執行リーダー:平岡 瑛二
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年9月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.