このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2020年8月 の中の 西消防署特別救助隊が水難救助技術の成果訓練を実施します のページです。

本文ここから

西消防署特別救助隊が水難救助技術の成果訓練を実施します

更新日:2020年8月7日

発表内容

目的

 水難救助現場で円滑に、また効果的に活動するため、西消防署特別救助隊が水難救助技術の成果訓練を実施します。隊員それぞれの知識と技術を高め、隊の連携を強化するほか、安全確保を最優先に活動します。

日時

 令和2年8月14日(金曜日) 午前10時30分から午前11時00分まで
 ※雨天決行です。荒天時や災害出動時は中止します。

 10:30 訓練開始報告
 10:35 訓練開始
 10:55 訓練終了
 11:00 訓練終了報告、署長講評

場所

 松山港務所地先海上周辺 (松山市三津一丁目6番29号)

訓練想定・訓練内容

 水上バイク同士が衝突し、1名(生体)は転覆した水上バイクにしがみついている状態、1名(訓練人形)は、力尽き水没した想定です。荷上場から約20m付近の位置を発災現場に見立て、傷病者2名を安全、確実、迅速に救出する訓練を実施します。

訓練主眼

 (1) 水面上の要救助者に早期に接触し、早期救出。
 (2) 検索漏れなく、連携して環状検索する要領の習得。
 (3) 水没した要救助者を効率的に潜降(ヘッドファースト)し、浮上する要領の習得。

訓練写真1
救出に向かっている状況

訓練写真2
担架に収容している状況

訓練参加人員、車両

 (1) 査閲者 西消防署長 岩岡 悦勇
 (2) 活動隊 西消防署 特別救助隊員 7名
 (3) 車両   西消防署 救助工作車と積載車

報道機関の皆さんへのお願い

●訓練場所付近に関係者用の駐車場を設けます。職員が誘導します。
●岸壁近くで撮影する場合は、安全のため救命胴衣を貸し出します。着用して撮影してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

署名 西消防署
所在地 松山市三津三丁目4番23号
署長:岩岡 悦勇
担当執行リーダー:二宮 達司
電話:089-951-0894
E-mail:sbnisi@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年8月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.