このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2020年8月 の中の 「まつやま子規亭2020」の観覧者を募集します のページです。

本文ここから

「まつやま子規亭2020」の観覧者を募集します

更新日:2020年8月7日

発表内容


第1夜 市川右團次さん

目的

 「まつやま子規亭」は、「子規が生きていたら興味をもち、喜ぶもの」「子規の多彩な好奇心を満たし、ともに楽しむ」「『正岡子規』に関連するテーマのもの」「『ことば』を語る、演じる」を基本テーマに、広く市民の皆さんに親しんでいただきながら、松山市の文化を高めるため、平成27年から実施しています。
 令和2年度は、子規が好んだ大衆演芸の分野などから著名人をお招きした公演会を全3回開催します。


第2夜 イッセー尾形さん

(1)先行販売

【日時】 令和2年8月29日(土曜日) ※必着です。
【申込】 往復はがきでお申し込みください。
      往信裏面:住所、氏名、電話番号、
      希望券種(「3回通し券」「第〇夜券」いずれか1種類)、
      希望枚数(2枚まで)
      返信表面:郵便番号、住所、氏名
      申込先:〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
         松山市立子規記念博物館友の会「まつやま子規亭」係
      ※応募多数の場合は抽選です

(2)直接販売

【日時】 令和2年9月20日(日曜日) 〜
【場所】 松山市立子規記念博物館 1階
      ※9月20日(日曜日)は、各券種1人2枚までの販売です。

まつやま子規亭2020

〈第1夜〜第3夜〉 いずれも午後6時30分開演(開場は午後6時)で公演時間約90分
●第1夜 令和2年10月10日(土曜日) 「歌舞伎に親しむ」
  市川右團次(歌舞伎俳優)
●第2夜 令和2年11月14日(土曜日)
 「みんなでのぞこう。イッセー尾形の『妄ソー劇場 文豪カバーその3』」
  イッセー尾形(俳優)
●第3夜 令和3年1月16日(土曜日) 「江戸の演芸を楽しむ」
  入船亭扇遊(落語家)、林家種平(落語家)、すず音(俗曲師)、林家まめ平(落語家)

【場所】 松山市立子規記念博物館 4階講堂
【定員】 各300人
【入場料】 3回通し券(第1夜〜第3夜):チケット1枚10,500円  単夜券:チケット1枚各4,000円

※新型コロナウイルス感染症の状況で、中止する場合があります。


第3夜 入船亭扇遊さん、林家種平さん、すず音さん、林家まめ平さん

問い合わせ

松山市立子規記念博物館友の会
電話:089-931-5566  ファクス:089-934-3416

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。友の会ホームページ(外部リンク)

(http://www.sikihakutomonokai.jp/)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
館長:河野 直充
担当執行リーダー:大内 平臣
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年8月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.