このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2020年2月 の中の 道後アート2019・2020 「オープンコール・プロジェクト2019」志茂浩和さんの作品展示を開始します のページです。

本文ここから

道後アート2019・2020 「オープンコール・プロジェクト2019」志茂浩和さんの作品展示を開始します

更新日:2020年2月14日

発表内容

目的

令和元年5月30日から「日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020「ひみつジャナイ基地プロジェクト」」を開催しています。
その一つ「オープンコール・プロジェクト」では上人坂を中心に道後エリアで、展示、パフォーマンス、トークなど、さまざまな表現方法でアートを発信していく人たちを公募しました。
公開選考会で選ばれた志茂浩和さんが、参加者を8分の13倍に拡大し、3mの箱の中に実在感豊かに展示する映像インスタレーション作品を制作しました。椿の湯のロビーと宝厳寺の本堂の2カ所に設置します。

期間

令和2年2月18日(火曜日)〜令和2年3月15日(日曜日)


「13/8計画」作品イメージ

場所、時間

●椿の湯 (松山市道後湯之町19-22) 
 6時30分〜23時00分 1機設置
●宝厳寺 本堂 (松山市道後湯月町5-4)
 9時00分〜17時00分 2機設置
 ※法要などを行っている場合は、見学できません。

作品構想

地域の人たちから参加者を募り、撮影しました。撮影した普段着の姿を8分の13倍に拡大し、3mの箱の中に実在感豊かに展示する映像インスタレーション作品です。不思議なサイズでのリアルな映像は、SF映画の一場面に迷い込んだような印象を提供します。道後で、現代の私たちを俯瞰し、これからをポジティブに空想し、考える機会にします。


志茂浩和さん

志茂浩和(しも ひろやす)さん プロフィール

1960年大阪生まれ、東京在住。東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻中退。神戸芸術工科大学教授。1997年Sony Music Digital Entertainment Programでの受賞を契機に3DCGを修得。同社よりダリの絵画世界をゲーム化した「incarnatia」を発表。神戸ビエンナーレ(2007・2009・2015)、六本木アートナイト(2018・2019)、六甲ミーツ・アート芸術散歩2018などでさまざまな作品を発表している。

お問い合わせ

道後温泉事務所
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6
担当課長:山下 勝義
担当執行リーダー:越智 文子
電話:089-921-6464
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2020年2月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.