このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年12月 の中の 共生社会ホストタウンに登録されました のページです。

本文ここから

共生社会ホストタウンに登録されました

更新日:2019年12月17日

発表内容

内容

東京2020オリンピック・パラリンピックの事前合宿で来県するパラリンピアンとの交流をきっかけに、共生社会の実現を進めるため、愛媛県と松山市が共同で、「共生社会ホストタウン活動計画」を、台湾とモザンビーク共和国を対象に登録申請していました。内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局の審査の結果、本日、共生社会ホストタウンに登録されました。

登録日

令和元年12月17日(火曜日)

申請内容の概要

1 対象国    台湾(ボッチャ、パラ柔道)、モザンビーク(パラ陸上)
2 申請団体  愛媛県、松山市
3 取組内容
 ●台湾とモザンビークパラ選手などと継続的に交流し、ボッチャの指導者を育成したり、競技人口を拡大したりし、共生社会を実現します。
 ●公共交通をバリアフリー化し、障がい者や高齢者が利用しやすい街をつくります。
 ●障がい者の社会参加や心のバリアフリー化を促します。

共生社会ホストタウン

 内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が所管する、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を一過性に終わらせない取り組みです。申請が採択された場合、特別交付税措置が受けられます。
 障がいのある海外の選手たちを迎えるのをきっかけに、ユニバーサルデザインの街づくりや心のバリアフリー化に向け総合的に活動し、東京大会後の交流も含め幅広くパラリンピアンと交流します。
 これまで、全国各地から申請があり、令和元年12月17日までに65件(今回28件)が登録されています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

スポーティングシティ推進課
〒790-8571 松山市二番町四丁目7-2 本館5階
課長:矢野 秋文
担当執行リーダー:野口 信隆 
電話:089-948-6226
E-mail:sports@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年12月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.