このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年11月 の中の 横須賀市の記念艦「三笠」で松山市の観光PRを実施します のページです。

本文ここから

横須賀市の記念艦「三笠」で松山市の観光PRを実施します

更新日:2019年11月1日

発表内容

目的

松山市と観光交流都市協定を締結している横須賀市の日本遺産WEEKに、横須賀市日本遺産構成文化財の記念艦「三笠」で、松山市の観光PRを行います。
松山出身の秋山真之は連合艦隊旗艦、戦艦三笠の作戦参謀として日露戦争を勝利に導きました。真之に縁のある記念艦「三笠」で、「道後の湯」をイメージした入浴剤入りの足湯に浸かり、「松山産温州みかん」の香りで癒されたり、「松山城びょうぶ」前で写真を撮ったり、松山と横須賀のつながりを実感してもらい、松山へ誘客します。


足湯のイメージ

日時

令和元年11月9日(土曜日)〜17日(日曜日)
午前9時〜午後4時30分

場所

記念艦「三笠」 (神奈川県横須賀市稲岡町82-19)

内容

【11月9日(土曜日)、10日(日曜日)】
●フォトスポットで松山城びょうぶや風呂桶を設置。
●松山市の紹介動画や道後温泉PR動画を放映。
●松山観光パンフレット、るるぶ特別編集『松山・道後温泉』、飛鳥乃湯泉ポケットティッシュなどを配布。
●1日入浴先着100名に「道後の湯の素」または「松山城クリアファイル」プレゼント。
【11月9日(土曜日)〜17日(日曜日)】
●松山産温州みかん入りの足湯 ※道後の湯の素入り足湯を楽しめます。
●松山城や道後温泉の紹介パネルを展示。

料金

無料。別途、入艦料(一般600円、高校生300円、中学生以下無料)が必要です。

お問い合わせ

観光・国際交流課
愛媛県松山市二番町四丁目7-2
課長:中矢 光一
担当執行リーダー:千海 克啓
電話:089-948-6557
E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.