このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年11月 の中の 『こどもの表現を考えるラボ』の参加者を募集します のページです。

本文ここから

『こどもの表現を考えるラボ』の参加者を募集します

更新日:2019年11月14日

発表内容

目的

 市民と文化とまちをつなぐ支援事業「松山ブンカ・ラボ」が主催する『こどもの表現を考えるラボ』の参加者を募集します。
 学校以外のコミュニティから生まれる「学び」や「表現」を考える対話の会です。令和元年12月28日(土曜日)、29日(日曜日)に開催する子ども向けの「写真をとってつかってそうぞうして、お話づくりワークショップ」の実施前と、実施後の2回開催します。子どもにとって自由で豊かな表現活動の場を、具体的なワークショップの実例やアーティストの活動などを通して話し合います。

募集開始

令和元年11月15日(金曜日) 午前0時


ファシリテーター:有門正太郎さん

対象

こどもの表現活動に興味がある方どなたでも

定員

15人   

料金

 無料

申込方法

メールまたは参加フォームで「こどもの表現を考えるラボ」参加希望、住所、氏名、電話番号を入力してください。
【申込先】 松山ブンカ・ラボ メール:bunkamatsuyama@gmail.com

ファシリテーター:有門正太郎(ありかど しょうたろう)さん(俳優・演出)

1975年生まれ北九州市出身。倉本聰主宰「富良野塾」、泊篤志代表「飛ぶ劇場」を経て、2005年「有門正太郎プレゼンツ」を始動。「笑顔になれば何でも出来る」を合言葉に作、演出も務める。高校演劇専科での講師経験を活かし、北九州芸術劇場「日韓合同キャンプ〜チャレンジ!えんげき〜」総合演出、かすがい市民文化財「演劇×自分史」作、演出も務める。最近は空想写真ワークショップを全国各地で行い、小学校、中学校でもアウトリーチ活動をしている。主な出演作品富良野Group公演『明日、悲別で』『屋根』(作・演出: 倉本聰)など。2016年佐藤佐吉賞優秀主演男優賞受賞。(一財)地域創造リージョナルシアター登録派遣アーティスト。

日程

●第1回 こどもの表現を考えるラボ
【日時】令和元年12月9日(月曜日) 19:00〜21:00
【場所】 シアターねこ (松山市緑町一丁目)

●冬休みこどもワークショップ「写真をとってつかってそうぞうして、お話づくりワークショップ」
【日時】令和元年12月28日(土曜日)、29日(日曜日) 
【場所】 シアターねこ (松山市緑町一丁目)

●第2回 こどもの表現を考えるラボ
【日時】令和2年1月20日(月曜日) 19:00〜21:00
【場所】 シアターねこ (松山市緑町一丁目)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。申込フォーム

 (http://bit.ly/2QTO4zT)

お問い合わせ

課名:文化・ことば課
所在地:愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
課長:大石 和可子
担当執行リーダー:池田 晋作
電話:089-948-6634
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.