このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年11月 の中の 道後アート2019・2020 キムテボンさんのワークショップを開催します のページです。

本文ここから

道後アート2019・2020 キムテボンさんのワークショップを開催します

更新日:2019年11月15日

発表内容

目的

 令和元年5月30日から「日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020「ひみつジャナイ基地プロジェクト」」を開催しています。その一つ「オープンコール・プロジェクト」では上人坂を中心に道後エリアで、展示、パフォーマンス、トークなど、さまざまな表現方法でアートを発信していく人たちを公募しました。公開選考会で選ばれたアーティストのキムテボンさんが俳句ワークショップを行います。
 キムテボンさんが制作した移動型の「ヒッチハイク」屋台で、地域の方や観光客に俳句を詠んでもらうワークショップです。

日時・場所

●令和元年11月23日(土曜日) 11:00〜16:00
  場所:道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 中庭 (松山市道後湯之町19-22)
  ※雨天の場合は、道後商店街駅前入口で行います。
●令和元年11月24日(日曜日)
  11:30〜14:00 きらりん (松山市湊町4丁目7-15)
  14:30〜17:00 まちコミュスポットてくるん (松山市大街道1丁目5-10 第二佐々木ビル1階)

内容

●「ポジティブな俳句」を詠み、木札に書き留め、木札の俳句と記念撮影。
●俳句を記した木札を「ヒッチハイク」屋台にある専用ポストへ投函。
●投函した俳句は、令和2年3月14日(土曜日)、15日(日曜日)に開催される「ひみつジャナイ縁日」で展示。


「ヒッチハイク」屋台


ワークショップの様子


キムテボンさん

【プロフィール】
愛媛県生まれ。Architectural Association School of Architecture(AAスクール)卒業。体験型のインスタレーションやパブリックアートを制作・発表。
2019年、木という器展(新宿パークタワービル・ギャラリー1)。
2018年、街を旅する4つの屋台「移動する建築」都市設計コンペ優秀賞(松山市花園町・常設)。
2015年、虹を集める日(神戸ビエンナーレ・推奨賞)。
2013年、小さな島のささやき(瀬戸内国際芸術祭2013・伊吹島)など。

ヒッチハイク屋台

さまざまな場所で俳句を楽しむためのワゴンであり、移動式の俳句ポストです。楕円形のテーブルを囲み俳句を詠み合える、松山の文化である「俳句」を運ぶ乗り物です。

お問い合わせ

道後温泉事務所
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6
担当課長:山下 勝義
担当執行リーダー:越智 文子
電話:089-921-6464
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.