このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年11月 の中の 道後温泉別館「飛鳥乃湯泉 俳句ウォーク」を開催します のページです。

本文ここから

道後温泉別館「飛鳥乃湯泉 俳句ウォーク」を開催します

更新日:2019年11月18日

発表内容


飛鳥乃湯泉 中庭

目的

 新元号である「令和」の出典は、日本で最も古い歌集「万葉集」で、4,500首以上が集められています。所説はあるものの、その中に登場する温泉地は5カ所しかなく、その一つが道後温泉です。
 そこで、万葉集と飛鳥乃湯泉をテーマに、春には改元記念、夏には七夕、秋にはお月見のイベントを開催しました。冬には「飛鳥乃湯泉 俳句ウォーク」を実施します。万葉集に登場する和歌を刻んだ句碑をウォーキングでめぐりながら俳句を詠みます。

日時

令和元年11月24日(日曜日) 午前10時〜正午 ※少雨決行です。

集合場所

子規記念博物館1階 視聴覚室 (松山市道後公園1-30)

内容

10:00〜10:30 万葉に関する講話「伊予の湯と飛鳥」
 講師:子規記念博物館 館長 竹田 美喜
10:30〜12:00 俳句レクチャー・道後周辺散策
 道後周辺をウォーキングしながら、句碑を巡り俳句を詠みます。
 10:30 子規記念博物館 → 10:55 道後公園 → 11:25 湯神社 → 11:35 空の散歩道 → 11:50 道後温泉本館 → 11:55 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉
12:00〜 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉への入浴
 詠んだ俳句を俳句ポストへ投句します。
 希望者には道後温泉別館 飛鳥乃湯泉に入浴していただきます。 ※入浴料は参加料に含みます。

参加者

30名 ※募集は終了しています。

これまでのイベント

●改元記念イベント「万葉集と道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」
【期間】 令和元年5月1日(水曜日)〜令和元年5月31日(金曜日)
【内容】 「平成」から「令和」への改元に合わせ、万葉集にゆかりのある道後温泉別館 飛鳥乃湯泉で、万葉集と道後温泉にまつわる絵画や和歌などの特設パネルを展示するほか記念撮影用「平成」「令和」額を設置しました。

●七夕イベント「飛鳥乃湯泉 道後七夕物語〜短冊に願いを込めよう〜」
【期間】 令和元年7月1日(月曜日)〜令和元年8月8日(木曜日)
【内容】 万葉集で七夕にまつわる歌が100首以上詠まれており、万葉集に収められた七夕の歌の中から七十七首の短冊を飾ったほか、中庭をライトアップしました。

●お月見イベント「飛鳥乃湯泉 お月見演奏会〜万葉の時代から、変わらぬ月に思いをはせて〜」
【期間】 令和元年9月13日(金曜日)
【内容】 万葉の時代から変わらぬ月を眺めながら琴三重奏と三味線の演奏を行ったほか、地酒の試飲会や中庭をライトアップしました。

主催者・お問い合わせ

道後温泉コンソーシアム(089-932-1126)

お問い合わせ

道後温泉事務所
〒790-8042 愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館内)
所長:重谷 治
担当執行リーダー:片野 憲司
電話:089-921-5141
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.