このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年11月 の中の 愛媛県警察本部機動隊と震災合同訓練を実施します のページです。

本文ここから

愛媛県警察本部機動隊と震災合同訓練を実施します

更新日:2019年11月28日

発表内容

目的

全国各地で頻発する地震災害や、豪雨災害などの大規模災害に的確に対応するため、防災関係機関の愛媛県警察本部機動隊と震災合同訓練を実施します。
震災現場では、変形や倒壊した建物内の狭い空間に要救助者が取り残される場合があります。そうした状況での救急救助活動は、高度な知識や技術が必要です。狭隘閉鎖空間での救急救助活動を想定した訓練で、必要な手技を取得します。
また、関係機関と連携を強化し、災害対応能力を高め、合わせて、若手職員へ技術を伝えます。

日時

【第1回】 令和元年12月4日(水曜日)、5日(木曜日) 13時00分から16時00まで
【第2回】 令和元年12月9日(月曜日)、10日(火曜日) 13時00分から16時00まで
※取材は令和元年12月4日(水曜日)にお受けします。

場所

松山市中央消防署城北支署 (松山市馬木町2227番地)

参加者

愛媛県警察本部機動隊、松山市中央消防署高度救助隊 4日間合計150名程度
                                          各日35名程度

内容


訓練の様子

CSR(狭隘閉鎖空間での救助活動)訓練
13:00 注意事項説明
13:10 狭い空間での救急救助活動に必要な基礎手技の訓練
 ●パッキング訓練:保湿保護シートを使った要救助者の収容と搬送の要領を習得します。
 ●観察訓練:地震災害特有の病状を理解し、観察要領を習得します。
 ●初期活動訓練:現地到着から進入開始までに必要な活動を習得します。
15:10 想定訓練
 変形、倒壊した建物から救急救助活動を行います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

課名 松山市中央消防署
所在地 松山市本町六丁目6番地1
課長:関 哲次
担当執行リーダー:西岡 伸泰
電話:089-926-9225
E-mail:sbchuuou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.