このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年8月 の中の 日本紅斑熱患者の死亡例が発生しました のページです。

本文ここから

日本紅斑熱患者の死亡例が発生しました

更新日:2019年8月28日

発表内容

内容

 市内医療機関から松山市保健所に松山市在住の方が日本紅斑熱(四類感染症)を発生した届けがあり、亡くなられたことを確認しました。松山市に届出された初めての死亡例です。

患者の発生状況

【年代、性別】 80歳代、女性、松山市内在住
【発病年月日】 令和元年8月12日(月曜日)
【死亡年月日】 令和元年8月20日(火曜日)
【診断年月日】 令和元年8月27日(火曜日)
【経過】
 令和元年8月12日(月曜日)頃 全身に倦怠感が出現
 令和元年8月15日(木曜日)   全身に発疹が出現、市内A医療機関に入院
                      治療するが症状改善せず
 令和元年8月19日(月曜日)   市内B医療機関に搬送されたが全身状態が悪化
 令和元年8月20日(火曜日)   多臓器不全で死亡
 令和元年8月27日(火曜日)   市内B医療機関で採取された検体から、日本紅斑熱と診断
【刺し口】 あり
【特記事項】 市内で農作業していた

日本紅斑熱

日本紅斑熱リケッチア(リケッチア属の微生物)を保有するマダニにかまれ感染します。刺されて2日〜8日後に頭痛、発熱、倦怠感の症状が出て発病します。
一般的に予後良好です。まれに重症の場合は、播種性血管内凝固症候群、多臓器不全などで死亡することもあります。人から人に感染しません。治療は適切な抗菌薬が有効です。

予防方法

●マダニにかまれないことが重要です。
 ・肌を出来るだけ出さないよう、長袖、長ズボン、ぼうし、手袋、くつした、足を完全に覆う靴などを着用する。
 ・シャツの裾はズボンの中に、ズボンの裾はくつしたや長靴の中に入れる。
 ・肌が出る部分に、人用防虫スプレーを噴霧する。DEET(ディート)という成分を含む虫除け剤(忌避剤)の使用は、補助的な効果があると言われています。マダニを完全に防ぐわけではなく、衣類へのマダニの付着数が減少します。
 ・付着したマダニを発見しやすくするため、明るい色の衣服を着用する。
 ・地面に直接寝転んだり、腰を下ろしたりせず、敷物やイスを使う。
 ・帰宅後は、家の外で服をはたき、マダニが付着していないか確認する。すぐに入浴し、マダニにかまれていないか確認してから、新しい服に着替える。特に、わきの下、足の付け根、手首、膝の裏、胸の下、頭部(髪の毛の中)などがポイント。
 ・飼い犬などにマダニが付着する可能性があるため、散歩から帰ったらブラッシングするなど、マダニが付着していないか確認する。
 ・犬小屋などはこまめに掃除をして、常に清潔にする。また、マダニ忌避剤を適切に使用する。

マダニにかまれたときの対処法

●マダニ類の多くは、皮ふにしっかりと口器を突き刺し吸血します。無理に引き抜こうとすると、マダニの一部が皮ふ内に残ってしまうことがあるため、吸血中のマダニを見つけた時は、つぶしたり無理に引き抜こうとせず、医療機関で処理をしてください。

●マダニにかまれた後は、体調の変化に注意し、頭痛、発熱、倦怠感などの症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診してください。

発生状況

過去5年の日本紅斑熱の発生状況
  平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年※ 累計
全国 241 215 277 337 305 122 1,497
愛媛県 12 14 13 14 9 3 65
松山市 6 7 5 8 2 3 31

※令和元年は8月11日時点 本件は松山市4例目。

お問い合わせ

課名 保健予防課
所在地 〒790−0813 愛媛県松山市萱町六丁目30−5 松山市保健所 1階
課長 亀田 真美
担当執行リーダー 中川 早苗
電話:089-911-1856  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年8月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.