このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年5月 の中の 中予圏域関係機関連携訓練を実施します のページです。

本文ここから

中予圏域関係機関連携訓練を実施します

更新日:2019年5月28日

発表内容

目的

 平成31年4月1日施行された中予地区広域消防相互応援協定に基づき、協定締結消防機関と愛媛県警察本部など防災関係機関で合同訓練を実施します。それぞれの機関がさらに迅速に出動し、連携して活動します。また、去年の豪雨災害を考慮し、協定の内容を確認するほか、中予圏域の災害を防ぎ被害を最小限に抑えます。

日時

令和元年6月4日(火曜日) 午前10時00分から午前11時15分
※雨天決行、荒天中止です。

場所

松山市井門町地先 (松山自動車道重信川橋下流右岸河川敷)


ホイスト救助訓練

参加者と人数

愛媛県警察本部 警備部機動隊  11名
松山南警察署  6名
愛媛県消防防災航空隊  5名
東温市消防本部   11名
伊予消防等事務組合消防本部(松前消防署・砥部消防署)  16名
久万高原町消防本部  6名       
松山市消防局(通信指令課・南消防署)  28名
合計 7機関 車両16台 ヘリ1機 人員83名

内容

10時00分 土砂瓦礫現場から検索や救助訓練
10時15分 豪雨での三坂道路での交通事故救助訓練
10時30分 河川 行方不明者の捜索訓練
10時45分 県防災ヘリによる洪水浸水住宅からのホイスト救助訓練
11時5分  講評

想定

 温暖化と西日本付近に停滞した梅雨前線の影響で、四国を中心に記録的な大雨が降り続いている。松山市の南部周辺各地で土砂崩れや河川の氾濫などが相次ぎ、不明者や大きな被害が発生している。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

松山市南消防署
〒791-1104 松山市北土居三丁目3番26号
署長:岩岡 悦勇
担当執行リーダー:坂本 智明
電話番号 089‐957‐8615
E-mail:sbminami@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年5月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.