このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年3月 の中の 子規記念博物館 常設展示室特集コーナー「内藤鳴雪―子規門の長老―」を開催します のページです。

本文ここから

子規記念博物館 常設展示室特集コーナー「内藤鳴雪―子規門の長老―」を開催します

更新日:2019年3月22日

発表内容

趣旨

 子規記念博物館の常設展示室3階の「特集コーナー」で、子規門の俳人、内藤鳴雪(ないとうめいせつ)を取り上げた展示を開催します。
 内藤鳴雪は、松山藩士の家に生まれ、明治維新後は愛媛県職員として、県内の小学校制度の整備などに大きな功績を残しました。
 明治24年、鳴雪は44歳で旧松山藩主が東京で遊学する松山の若者のために設立した「常盤会寄宿舎」の監督になり、ここで帝国大学の学生だった子規と一緒になります。子規は鳴雪より20歳年下でしたが、鳴雪は子規から熱心に俳句を学び、やがて子規門の俳人たちの長老として重きをなし、子規没後も一門のまとめ役で長く活躍しました。
 今回の特集コーナーでは、内藤鳴雪の子規あて書簡(明治25年5月6日)や内藤鳴雪の句画「長き日や小犬もすなる伊勢参」など、内藤鳴雪と子規との交流や、鳴雪の温かで飄逸(ひょういつ)な人柄を物語る俳句作品などを展示します。
 

内藤鳴雪
内藤 鳴雪

展示会期

平成31年3月30日(土曜日)から9月下旬まで

会場

松山市立子規記念博物館 3階常設展示室 特集コーナー

主な展示資料

・内藤鳴雪筆「教育論」                 巻子
・内藤鳴雪の子規あて書簡 明治25年5月6日   巻紙
・内藤鳴雪の子規あて書簡 明治26年3月2日   葉書
・子規庵蕪村忌写真 明治36年12月         写真
・内藤鳴雪句画「長き日や小犬もすなる伊勢参」  軸幅
・内藤鳴雪句「初冬の竹緑なり詩仙堂」       軸幅
・内藤鳴雪句「涼しさや太平洋の盥舟」       扇面      その他

お問い合わせ

子規記念博物館
松山市道後公園1-30
所長:加地 寿徳
担当執行リーダー:平岡 瑛二
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.