このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 2019年3月 の中の 松山城小天守ほか8棟が国の登録有形文化財(建造物)に登録されます のページです。

本文ここから

松山城小天守ほか8棟が国の登録有形文化財(建造物)に登録されます

更新日:2019年3月11日

発表内容

内容

 文化審議会は、平成31年3月18日(月曜日)に開催する文化庁文化審議会文化財分科会の審議と議決を経て、松山市丸之内に所在する「松山城小天守」「松山城南隅櫓」「松山城北隅櫓」「松山城玄関」「松山城玄関多聞櫓」「松山城十間廊下」「松山城多聞櫓」「松山城筋鉄門」「松山城内門」の計9棟の建造物を国の有形文化財(建造物)に登録するよう文部科学大臣に答申しました。
 後日、官報告示を経て、松山市内の登録有形文化財(建造物)は、合計23件になる予定です。

答申日

平成31年3月18日(月曜日)

答申された有形文化財

1.種別 登録有形文化財(建造物)
2.名称 松山城小天守 1棟,松山城南隅櫓 1棟,松山城北隅櫓 1棟,松山城玄関 1棟,松山城玄関多聞櫓 1棟,松山城十間廊下 1棟,松山城多聞櫓 1棟,松山城筋鉄門 1棟,松山城内門 1棟
3.特徴など
 松山城小天守ほか8棟は、重要文化財の天守と連立し、昭和8年(1933年)に放火で焼失した建造物群を昭和43年(1968年)に伝統的な木造で復興したものです。重要文化財の天守の周りに小天守や隅櫓、多聞櫓、門など9棟の建物をロの字形に配置して堅固な防御機能を形成しており、近世城郭中枢部の様相を今に伝え、城山山頂に荘重とした歴史景観を形作っています。
4.所有者 松山市
5.所在地 松山市丸之内1


松山城本壇(南東より)

現地取材

松山城小天守のほか8棟の説明を現地で行います。
【日時】 平成31年3月13日(水曜日) 10:00〜11:00
【集合場所】 松山城本丸広場馬具櫓前
【受付】 松山城総合事務所(ロープウェイ東雲口駅舎2階)で受付をお願い致します。
      スタッフ証をお渡しします。
【お問い合わせ】 松山市産業経済部観光・国際交流課 電話:089-948-6557

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

課名:教育委員会事務局文化財課
所在地:松山市三番町六丁目6番地1
課長:沖廣 善久
担当執行リーダー:岸見 泰宏
電話:089‐948‐6891
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2019年3月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.